おひなさまは、右みぎ・左ひだり、どっちにいる? | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。

おはようございます。

おのころ心平です。

本日、ひなまつり。


ひな壇を、よく観察すると、




左にお内裏様、

右にお雛様がいますね。


お内裏様とは、

天皇陛下のことで、


現、天皇皇后両陛下も、




 


お写真をググって頂ければ、


ほぼ完璧と言っていいほど、

右左の位置が決まっておられます。


新郎新婦の立ち位置も同じ。



本人たちからすれば、

右側に男性、左側に女性です。


***


これは、よくエネルギーセラピーや

ヒーリングの世界で言われるところの、


右側=男性性、

左側=女性性、


と関係があるのでしょうか・・・、

少し探ってみましょう。



+++



★アーユルヴェーダ


人間の体は、

右半分が、

ピッタの持つ「男性的」な力が優位に働き


左半分は、

ヴァータやカパの持つ「女性的」な力が優位に働く



★チベット・ヒーリング


右眼からは、

「男性性」、思考性、行動パターンなどを、

 

左眼からは、

「女性性」、芸術性、感性などを読みとる


★ヨガの呼吸法


右の鼻の孔から吸い、

左から吐く呼吸法がある


右側は太陽(陽)・「男性性」・活発な動きとされ、
左側は月(陰)・「女性性」・静寂と考えられている



★タントラ・ヨガ

「男性性」は、
行動力、社会性、向上心、

積極性、責任感、自己実現力、包容力
リーダーシップを表し、

身体的には体の「右側」に症状が出て、


「女性性」は、
 優しさ、感受性、思いやり、共感、

創造力、忍耐力、受容性、自己の内面を表し、

身体的には「左半身」にあらわれる


★チャクラ


右は、主に男性性、父親を表し、

左は、女性性、母親を表す


★レイキ


右手が与える側で「男性性」


 左手が受け取る側で「女性性」


★大仏(盧舎那仏坐像)


右手を上げて、手のひらを前に向けている
  →何ものも畏れない力を与えることを意味する(男性的)


左手を下げて、手のひらを上に向けている
  →相手になにかを与える力を意味する(女性的)



★その他、

西洋のヒーリングでも、たいていは、
右側を男性性、左側を女性性としています。



+++


しかし、中国思想では逆に、


左を男性

右を女性


と見ていたんです。

東洋医学の本にもそう出ています。


日本はその中国思想の影響を

色濃く受けてはいるはずなんですが、


当の中国でも、

時代によって右左の担当が

変わっていて、


秦、漢の時代は、「右」が男性、「左」が女性
 ↓

唐、宋の時代は、「左」が男性、「右」が女性
 ↓

元の時代には、 「右」が男性、「左」が女性
 ↓

明、清の時代に、「左」が男性、「右」が女性



明確に右左が定まっている

わけではありませんが、

遣唐使時代の文化を

そのまま継承していた歴史はあります。


今の日本は、どちらかというと

中国より西洋文明の影響を

色濃く受けていますから、

現代人のカラダでは、やはり
  

右側が男性性で、

左側が女性性と

いうことになりそうですね。

 


***


おのころ心平、自分医学シリーズ。

3月単発受講締切は3月15日まで!

 

       ▼     




            


          

詳しくは、コチラ から!