インフルエンザの記録的な少なさ。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba
新型コロナウイルスに関する情報について

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。

おのころ心平です。


こちら広島放送のニュースですが、





広島県内でも

新型コロナウイルスの感染者が増加する一方、

ことしに入り、インフルエンザの患者は

記録的な少なさとなっています。

広島県によりますと、4日以降県内にある

115の定点医療機関からの報告では、

インフルエンザの患者はゼロが続いています。

過去5年の平均では、この時期、

1つの定点医療機関あたり

20件以上の患者が報告されていることから、

例年と比べても記録的な少なさが伺えます。


・・・と。


***


こちらの記事では、

    ↓

厚生労働省は毎年、9月初旬

(年によって8月末の数日を含む)から

翌年5月末までの間、

1週間ごとにインフルエンザの発生状況を

取りまとめている。


これによると、2020/21年シーズンの

8月31日から1月17日までの20週間の累

積の患者数は、全国でわずかに729人だった。


同期間における過去5年間の平均患者総数は

約51万人強で、

2020/21年シーズンの患者数は

0.15%程度にとどまっている。





東京都の新型コロナウイルス感染者は

連日1日当たり1000人超が確認されているのと、

インフルは全国20週間累計で1000人足らず

というのは好対照だ。


***


むー。


この記事をどう読むかは

それぞれだと思いますが、


コロナウイルスなのか

インフルエンザウイルスなのか、


カラダの細胞からすると

この区分けに意味があるのだろうかと


ふと考えてしまいます。




こういう統計の報道は

ありがたいです。


全体を眺める中で

いま起こっていることへの

対処を見極めていきたいですね。



全体を見通しながら、

今を判断できる力を養う1年に。

      ↓

     

あなたらしい生活様式を築くための

おのころ心平、渾身の10回連続講座です。


 

●10回の内容など詳しくは、コチラ からー!