内臓を若々しく保つために知っておきたいこと。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。

おはようございます。

おのころ心平です。


あなたは、

腹膜(ふくまく)って、

何をしているかご存知ですか?




 

腹膜・・・


胃や肝臓といった

腹部の臓器の全体

ないし、一部をおおっている

薄い半透明の膜です。


総面積は約 1.7m2で、ほぼ

体表面積に等しい

と言われているくらいに伸びます。


腹膜の機能には

吸収、

ろ出、

ならびに、癒着作用

がありますが、


吸収作用の

能率はきわめて高く、

12~30時間で

体重と同量

の液体を吸収します。


***


ふだんは「腹膜」なんて

あんまり使わないと思いますが、


誰か知り合いが重病で


「腹膜に水が溜まっているんだって、、、」

というときに、

聞いたことがあるかもしれません。


正常状態では

腹膜液の分泌は

ごく少量なんですが、


肝静脈系のうっ滞があると

腹水がたまります。


***


これは、僕流に考察すると、


目の緑内障とよく似た構造です。


眼球の中を循環いている

眼房水の出口が狭くなり、





流れて行かない水分の圧迫で

眼圧があがり、視野狭窄が起こります。


***


腹水も、

緑内障も、


ほかにも、


胸に水がたまる

膝に水がたまる


といった症状の

根底にあるのは、


心理的にも、


水に流せない

何かがある…


ということ。。。


***


腹膜は、硬くなっても、

伸びきって弛緩しすぎても

よくありません。


腹膜が柔らかい状態を

維持すれば、

なかに包まれる臓器たちの

循環や機能性もあがります。


腹膜を柔らかく育てるには、


おなかをへっこめたり、

ふくらませたりの運動を、

一日のうち、いかに

意識してやるかです。


気づいた時に、

へこませて、膨らませて。。。



腹膜の存在を知ることは、

あなたの内臓の元気につながるのです。


***



今年、1年かけて

強いカラダをつくりましょう。

         ↓


あなたのカラダの運気を上げていく

おのころ心平、渾身の10回連続講座です。


 

●10回の内容など詳しくは、コチラ からー!