火星と月の接近が意味するもの。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。

おはようございます。

おのころ心平です。


昨日は上弦の半月でしたが、



昨夜から今朝未明にかけて

この上弦の月に、火星が接近中。


アストロアーツさん記事。

    ↓


 

火星は、


   


闘争と攻撃性を象徴する星。

ローマ神話に登場する、
戦の守り神・マーズ(別名マルス)

が司る星です。


占星術的な火星には、

 

・情熱を注ぐ分野
・社会に打ち出す個人の才能
・挑戦

 

・獲得欲求


という意味があります。



***



一方、上弦の月には、

これから満月まで満ち満ちていく

というパワーがあります。



今朝未明の、

火星と上弦の月のランデブー。


あなたの情熱、才能、個性、

そして、チャレンジしたいこと

にかかわる出会いや情報が、

ぐいぐい「引き寄せられる」

というサインとして受け取りましょう。



火星がうずいている時、

不用意に動くと、



・衝動的

・本能的
・行動力

・押しの強さ
・積極性

・自己主張



場合によっては、

・対立

・もめごと
・けが

・衝突

 

という事態を

引き起こすことになります。


***


今日は、

イラッとしたり、

むっとした時には、


お、これは自分の個性や

情熱にスイッチが入る鍵だ!

というふうに気分を変換させましょう。


すると、あなたにとって

ほんとうに必要な情報や

出会いにココロが開くはずです。


***


風の時代、1年間かけて、

あなたのカラダを強くする!

         ↓


あなたのカラダの運気を上げていく

おのころ心平、渾身の10回連続講座です。


 

●10回の内容など詳しくは、コチラ からー!