この冬、増えている口内炎の痛み。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。

おはようございます。

おのころ心平です。



1月17日~2月3日の

冬土用のいまの時期、


口内炎が発生し、

口の中になんとも言えない

痛みを抱えている人が

多いです。


口内炎体質とも言うべき人の共通点、

それは唾液のブレンド力の低下・・・



どれだけいい食材で、

どれだけ手の込んだ料理を食べても、

唾液が出なければ味はまったくわかりません。


ぱさぱさした状態でなにを食べても、

おいしくありませんよね。


そう、味は、

食べるものについているのではなく、

こちらの口のなかで

唾液がつけるものなのだです。


味というのは、

これまでどんなブレンドで

唾液が出たのか、

過去の体験が反映されるそうです。


これまで人生で味わってきたものこそ、

これから未来のカラダをつくる材料に

味をつけることになっているのです。


***


東洋医学によれば、


◎甘味は、脾臓を刺激します

(あなたの無意識の領域に心地よさをもたらします)



◎塩辛さは、腎臓を刺激します

(あなたに慎重さをもたらします)



◎酸味は、肝臓を刺激します

(あなたに緊張感やがまん強さをもたらします)



◎苦味は、肺を刺激します

(あなたに意志力や成長する力をもたらします)



現代の食生活において、

もちろん食材選びはほんとうに大切だと思います。


いまの世の中で、

信頼できる食べ物を探すアンテナは

とても貴重です。


でも、せっかくの食材も、

ちゃんと唾液が出ていない

食べ方をしていてはもったいない。


***


・歯痛、

・口内炎の痛み、

・胃痛、

・左腹部のガスペイン(お腹がはって痛む)、

・腹部やリンパをマッサージしたときに生じる痛み


などは、

「ゆっくりいまを味わっていますか?」


という味覚からのアラームと考えましょう。


***


衝撃の対談動画を受け取ってください。

       ↓