観音さま・・・“音”を“観る”とはどういうことか? | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。

おはようございます。

おのころ心平です。


あなたは、

日が昇るのを

どれくらいのタームでみますか?


今は、早朝は寒いので

なかなか難しいですが、


朝日は、やはり、なんというか、

満ち溢れたエネルギーを

注いでくれます。




音という字は

「日が立つ」と書きますが、

音として聞こえなくても、

日光ですら振動です。


地球上に降り注ぐ

さまざまな振動を、あなたはすでに

「受け取って」いるのです。



観音(かんのん) 様 は、

読んで字のごとく

「音を観る」と書きます。


観自在菩薩とも呼ばれますが、

観音様は音を自在にあやつることができる

天才アーティストなのかもしれません。


***


僕は、耳=聴覚こそは、

その構造から、


振動の変換器

だと考えています。



まず「外耳」でSPIRITに届く情報として吸収し、


次に「中耳」でBODYに届く情報として吸収し、


最後に「内耳」でMINDに届く情報として吸収する。





周波数を仕分けし、それぞれのレベルで

振動をしっかり受けとる力が聴覚。


***


僕は、音として聴こえる領域は

「MIND」への振動として伝わると考えています。


それは、液体である血液、リンパ液の

細かな振動として、さざ波のように

全身の細胞に伝わっていくのだと思うのです。


ある種の音楽や、自然の音が

あなたの感情を落ち着かせ、

また逆に、感情を高ぶらせたりするのは、

聴覚の媒介が、まさしくカラダの水分であり、

MIND領域であるからだと考えるのです。

(英語でHUMOR・ユーモアとも体液とも訳される)。


そう考えると、難聴や耳鳴りは、

カラダのどこかの血液のつまりや

体液の逆流による伝導性の低下や反響音と

考えることができるかもしれません。


そしてそれは、

「受けとったものを適切に仕分けできていないよ」

という聴覚からのアラームとみなすことができます。


定期的に、耳の変換機能のお手入れを!


    ↓


耳もみマッサージ

人差し指と親指で、耳の中心あたりをつまんで引っ張ります。



 

1.両手で両耳全体をもって、

耳を上下、左右に各10回ずつ動かす。


2.前回し、後ろ回しと各10回ずつ

ぐるぐる回しながらもみほぐす・・・


***


月の振動は、

あなたのSPIRITを活性化する。


月を味方につける生き方

完全マスター講座!


1月より、東京、大阪、名古屋で開講します。

       ↓

              

「月」こそはココロとカラダを結ぶカギ。

 1月~6月までの半年コースです。

         ↓

詳細&エントリーページは、こちら