カラダに教えてもらった「状況を打開する」力。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。

おのころ心平です。


僕は、ときどき講座の中で、


「カラダの気持ちに

なってみるワーク」


なるものをやることがあります。


肩の気持ち、

首すじの気持ち、

腰の気持ち、

足首の気持ち、


それぞれの部位の気持ちになって、

日常の自分を観てみる。


それぞれの部位が

どんな思いで、

毎日、あなたを支えているか

を感じてみる…。


視点を変えて、

自分の日常を顧みることで、

意外な発見があったりします。


あ、自分にはこんなクセがあったのだと、

気づいたりもします。



***


僕の場合は、

内臓のはたらきに、

ときめきを感じてしまうのです。


心臓の鼓動、

呼吸の波、

胃腸の蠕動運動のささやき…。


あー、この時点で、

ちょっと頭がフツーではありませんよね。

(自覚はあります)



振り返れば、

256のカラダの

部位、器官、細胞の

気持ちになって

作文をつづってしまいました。


肝臓、腎臓、心臓といった

メジャーな臓器は言うに及ばず、


免疫の大食細胞、

肝臓のクッファー細胞、

お肌のランゲルハンス細胞など、


多くの人には、

その存在すら

知られていない細胞に至るまで。


***


たとえば、糖尿病において、


すい臓から見たカラダの様子と、

肝臓から見たそのカラダの様子と、

腎臓から見たカラダの様子は、


それぞれ違います。


同じ状態でも、

臓器それぞれの立場から見ると、

ちょっとずつ状況が異なるのです。



 


***


そして、これは実は、

日常の人間関係においても

応用できるのです。


同じ状況にいるのに、

その状況の受け取り方は

各人において微妙に違います。





個々人それぞれに

その人の歴史があるのだから、

それは当然ですよね。


それぞれの人の歴史を思いやる。


それができたとしたなら、


あなたの意識の器が

ぐぐっと広がり、

状況を打開するチャンスが

増えるはずですね。



***



半年間、月のリズムを意識して過ごす連続講座。

月よみ師養成講座2020

  

「月」こそはココロとカラダを結ぶカギ。

 1月~6月までの半年コース、

来年がファイナルです!

         ↓

詳細&エントリーページは、こちら