<四つの毒>・・・風邪をひきやすい状況、というのを逆手にとる。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。

おのころ心平です。


東洋医学では、

気・血・水の流れが大事にされており、

これが滞ると、体内に澱みや濁りが生じ、

いわば「ヘドロ」化してしまいます。



●血液は、カラダにとっては

もちろん栄養素を含む大事なものですが、
いかな血液といえども、

動かず流れずの状態が続けば、

毒化してしまいます。



川の流れを想像してください。

流れていれば清流。


飲むことができるような水も、
くぼみに溜まって澱み出すと、

いろんなものを沈殿させ、
腐敗水となります。



東洋医学では、

そういう血液を「瘀(お)血」と呼びます。



●さらに同じように「水」も毒化します。
体内のリンパ液などの流れが停滞したものは
「水毒」と呼ばれます。


●「気」についても、強い感情が

鬱屈して溜まってしまえば、
「気結」という毒のようなものをつくります。


「お気の毒に」という言葉は、
「ああ、そのような状況に見舞われてしまっては、
さぞ鬱屈した感情が溜まっておられるでしょうね」
という意味なのです。



●加えて、食毒です。
これは胃腸に滞留し、排泄されない食べ物のこと。
腸粘膜のヒダにこびりついて便にもならずに
排泄されない宿便のようなものや、
なんらかのきっかけで

一時的に胃や腸の中で停滞するものも指します。



胃腸には腸内細菌も多く、

停滞するとそれらがすぐにとりついて、
発酵ならぬ腐敗を起こしてしまいます。



***



以上の、


・瘀お血(血毒)、
・水毒、
・気結(気の毒)、
・食毒、


この四毒が、

カラダのどこかに停滞すれば、
内的に「虚」を生じさせます。


「虚」とは

空虚のように空っぽな状態

を思い起こさせますが、

逆に、流れのない不動のものです。

ヘドロのように溜まって

身動きのとれないものが、
周囲の流れを邪魔してしまうのです。


***


これが、風邪を引きやすい

カラダの状態と言って

いいかもしれません。


これを逆手にとって考えるならば、



・瘀お血(血毒)→運動

・水毒→冷やさない

・気結(気の毒)→思いを溜めない

・食毒→食べ過ぎない



という、

やっぱり、ものすごーくシンプルな生活習慣、

ということになりますね。




***


 


 

11月11日(月)、


月よみ師養成講座

2020


のエントリー受付を開始いたします!


2016 第1期

2017 第2期

2018 第3期

2019 第4期


と続き、


来年2020で

最終の第5期生!!


「月」こそはココロとカラダを結ぶカギ。


なぜか月の魅力にとらわれ、

いつかはきちんと学んでみたいと

思っていた方、ぜひ、お見逃しなく!!


1月~6月までの半年コースです。

以下、日程チェックをー!!



名古屋(金)コース
第1回 1月17日
第2回 2月21日
第3回 3月13日
第4回 4月17日
第5回 5月15日
第6回 6月12日


大阪(土)コース

新大阪駅すぐ
第1回 1月18日
第2回 2月22日
第3回 3月14日
第4回 4月18日
第5回 5月16日
第6回 6月13日


東京(金)コース
東京駅すぐ

第1回 1月31日
第2回 2月28日
第3回 3月27日
第4回 4月24日
第5回 5月22日
第6回 6月19日


東京(土)コース
田町駅すぐ

第1回 1月25日
第2回 2月29日
第3回 3月28日
第4回 4月25日
第5回 5月23日
第6回 6月20日