今夜は、中秋の名月。晴れるといいな! | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。

おはようございます。

おのころ心平です。


今夜は、中秋の名月。




中秋の名月は、旧暦では、

8月15日と決まっていました。


現在の暦はグレゴリオ暦なので、

いまの暦になおすときの法則は、


秋分の日より前の


新月(朔)を1日目とし、

その月の15日目の月

を中秋の名月とする、


ということになります。



この法則に当てはめると今年は、


9月23日の秋分の日より前の

新月は、8月30日だったので、


 1日目→8月30日

 2日目→8月31日

 3日目→9月1日

 4日目→9月2日

 5日目→9月3日

 6日目→9月4日

 7日目→9月5日

 8日目→9月6日

 9日目→9月7日

10日目→9月8日

11日目→9月9日

12日目→9月10日

13日目→9月11日

14日目→9月12日

15日目→9月13日


というわけで、


本日がめでたく

中秋の名月となるのです。



***


秋分の日は毎年、

ほぼ変わりませんから

毎年、新月がいつ来るかによって

中秋の名月の日が決まる

というわけですね。


新月から「15日目」なので、

正確に満月になるとは限りません。


このあたりが

月相と月齢の微妙な

ずれが現れるところ。


僕らはカレンダー上で

1日単位で考えるクセが

無意識のうちにありますが、


月は流れるように

姿を変えますから、


その日がずっと

満月とか新月かとかではなく、


しかも、地球を楕円で

公転してますから

正確に、等間隔で


新月→満月

と計算できるわけではないのです。


ああ、割り切れなさの神秘よ・・・


ともあれ、


今日晴れている地域は、

まん丸に限りなく近いお月さまが

きれいに見えます。




季節的に満月は、

夏は低く見え、

冬は空高く見えます。


春と秋は

ちょうどよい高さになりますが、


天気のよさや

空気のすき通り感は

だんぜん秋の方がよいので


秋に見る満月を、

中秋の名月として

愛でるわけです。



***


 


名付けて、シャドウの心理学。




無意識の構造と、

その働きによるあなたの行動、

人間関係、病や症状を読み解いていくセミナー。


おのころ心平の渾身の連続講座です。

めっちゃ楽しいと思います。


シャドウの心理学  



   
         ↓


シャドウの心理学専用ページ