今日一日の人間関係いらいらのリリース習慣。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。

おのころ心平です。


腹式呼吸では、


息を吐くとき、おなかがへっこみ、
息を吸うとき、おなかが膨らみます。


頭で考えると、わからなくなりますが、

横になって目を閉じてやると、

自然とできるようになります。


僕は、眠る前に

横になったときの腹式呼吸を

薦めています。


その際、せっかくならと、


今日も満足、
今日も充実した、
今日もすべきことはやり遂げた、
今日も幸せだった、


という言葉を唱えるように

してもらっています。


おなかの腹直筋には、

その日一日の緊張が蓄積しています。


とくに人間関係でイライラしたことや

我慢したことなど。


それらをリリースする習慣が、、

寝る前の腹式呼吸なのです。


***


自律神経系の中心は

(はら)にあると言われています。


解剖学的には「肚」とは、

太陽神経叢を指します。


生物の発生学的見地に照らして言うと、

神経系の発達は、


脳神経より自律神経のほうが

先にできています。


外部刺激に対し、


末梢神経

 ↓

神経節

 ↓

脊髄神経

 ↓

  脳


という順番で反応するということは

今も変わりません。


つまり、生活環境で

さまざまに遭遇する出来事に対して、

人はじつは、脳より先に、


まず「肚」で反応しているのです。


***


しかし、現代人は

この反応が鈍感になって

とくに食べ過ぎると、

この「肚」の反応が鈍ります。


食べ過ぎと知識の入れ過ぎは、

カラダの反応がよく似ていて、

この両者が過ぎると、

おなかに力が入らなくなり、


自分の価値、自信を

見失いやすくなるのです。


逆に自分を見失わない

安定した呼吸法を持っていると、


いざというときに「肚」で反応し、
自分にとって最良の判断が

できるようになるのです。


今夜、腹式呼吸にチャレンジしてみましょう。

そして、


今日も満足、
今日も充実した、
今日もすべきことはやり遂げた、
今日も幸せだった


と唱えて、眠りについてくださいね・



***


豪華メンバー集結の夏!!

やましたひでこさん、福島正伸先生、川嶋朗先生、

永田良一先生、対馬ルリ子先生・・・・

       ↓




               ↓


メインホール総合司会に、断捨離のやましたひでこさん!!