イヤ。嫌い。が言えない世界。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。


テーマ:

おのころ心平です。


「イヤ」「嫌い」が言えない世界・・・


これは、僕なりに考察するに

アレルギー疾患

の感情世界を表しています。



***



アレルギー疾患を

お持ちの方に共通なのは、


無理やり「思考」主義。



思考で出来事を

無理にポジティブに解釈しようとする

傾向があります。


もちろん人間にとって、思考力は

とても大切な力なのですが、


思考によって、

感情を封印してしまうと

やっかいです。


感情は、それなりのエネルギーを

持っていますから、抑圧されると

行き場を失います。


思考というのは、抑圧ではなく

感情が増幅するのを分散し、

感情エネルギーが流れ去ってゆく

ように使うのがベターです。


ところが、無理矢理に

感情がなかったかのように扱うのは、

免疫系に混乱を与える結果になると、


僕は考えています。



***


秋口のアレルギー性鼻炎や

春先の花粉症は、


季節の調整期に起こります。


東洋思想的に見れば、

土用の脾臓の期間です。


脾臓はリンパ球を生み出す

免疫臓器ですが、

不安や不快といった感情に

敏感です。


自分の不安を直視するのは

勇気の要ることですが、


ポジティブ思考でその感情を

見ないように封印してきた人は


季節の変わり目に、その分を

「免疫の混乱」という洗礼を受けます。


それがアレルギーだとも

言えるのです。


***



僕は、鼻炎は、


上ののような季節的な

免疫混乱がベースとなった上に、


日々の生活において、

気温や質問に呼応して働くはずの

体温調節機能が低下している結果、

起こると思っています。


体温調節の不調は、

体内湿度や体内pH

(酸とアルカリバランス)にも

影響を与え、


極端な反応体質

(つまり、アレルギー体質)を

生んでしまうのだと思うのです。


***


嫌だな~、

キライだな~


と言う感情は、

周りの人に

気付かれぬよう、

過ごしがちですが、


内臓の奥の院たる

脾臓に蓄積されるもの、

と考えて起きましょう。


その対策を、

しっかりお伝えしたいと

思ってます。

  ↓



      ↓
  


あなたの病のとらえ方が、大きく変わるはずです。

 

                ↓


会場TKP品川カンファレンスセンター  

     (品川駅高輪口 徒歩1分)
第1回目:6月21日(金)



会場フクラシア八重洲   

    (東京駅八重洲口 徒歩3分)
第1回目:6月22日(土)



会場ウインクあいち   

     (名古屋駅桜通口 徒歩5分)
第1回目:6月25日(火)



会場ナレッジキャピタル・カンファレンスルーム   

    (大阪駅 徒歩5分グランフロント大阪内)
第1回目:6月29日(土)


          


※詳細は、こちら からー。