もしも、あなたの大事な人が「がん」を宣告された時には? | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。

おのころ心平です。


質問をしたり

質問を受けたりするとき、


そこにはすでに、

質問を発する人の「意図」が

表れていることがあります。


質問の言葉の中に、

それが表れているのです。


たとえば、


「私の父親が、がんで…」


という質問の場合、

もちろんそれは、


「改善する

なにかよい手立てはないか?」


という質問なのですが、同時に、


「私と父親との関係を

どのようにすればよいのか?

どこまでアプローチしてよいか?」


という本人にも無意識な内容を伴っています。


病気になってしまった父親との距離感に

戸惑っているということが

質問の中に表れているのです。



***



僕のオフィスの本棚には、



という本があります。


ページ数456ページ、価格も4,200円と、


専門家以外に誰が買うんだろう?

という本ですが、


・・・ははは、


僕が買ってしまいました。


この本は、

国際サイコオンコロジー学会承認の

がん患者への心理療法テキストブックです。


サイコオンコロジー


とは、日本語では精神腫瘍学と訳され、


がん医療における心の医学、

心の緩和ケアを専門とする学問です。


心理学、

精神医学、

腫瘍学、

免疫学、

内分泌学、

社会学、

倫理学、

哲学など、


多くの学問領域から

多種多様な科学的手法を駆使して

がんの人間学的側面を明らかにしていこうというもの。



***



あなたのご両親、大事な友人が

もしも、がんを宣告されてしまったとき、

あなたはどんなふうに接するでしょう。


その治療についての

大事な決断をあなた自身が

迫られることもあるかもしれません。


そんなとき、

どんなココロ構えで

決断すればよいのか、


今後の生活を、

そばで過ごすにはどんな工夫があるのか?


個人だけでなく、

家族の力がものを言うがん治療。



がんの医療マネジメントの方法、

全力でお話したいと思います。

       ↓



あなたの病のとらえ方が、大きく変わるはずです。

 



            ↓


    



詳細は、こちら からー。