肝臓の歴史は、地産地消、身土不二。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。


テーマ:

おのころ心平です。


朝の記事からの続きです。


+++++++++++



わしの仲間は、ひとつの肝臓に、

なんと2,500億個もおるのだ。


わしらは肝小葉という

グループ単位で構成されていて、

ひとつの肝小葉には

50万くらいの肝細胞がひしめきあっている。


その肝小葉がまた50万重なりあって、

肝臓という臓器をつくっておるというわけだ。





数が多いだけに、その数に任せて、

免疫の攻撃には身をもって

応えることになっている。


わしらの仲間の多くは、

ウイルスに感染したら、

そのウイルスを抱え込んだまま、

もろとも自爆するわけだな。


哀しい性(さが)ではあるが、

ASTとかALTとかの数値は、





自爆したわしらの仲間の死骸が、

血液中に流れ出た証拠だと知ってくれ。

 


***


肝炎ウイルスが

アジア人になぜ多いのか、


医学的に詳しいことは

まだわかっていません。


ただ、アジア人特有の食様式が、

欧米輸入食にとって代わられ、

肝臓の負担が増えた、という背景は

大きく関与しているのかも知れません。


肝臓は、先祖の時代から

伝統的に食して来たものの分解の仕方は、

よく知っています。


「地産地消」「身土不二」…。

肝臓の歴史は、これで成り立ってきたのです。


それだけに、これまでに経験のなかった

食べ物や人工の生成物に対しては、

肝臓は因数分解を解くがごとく頭を悩ますのです。


…「むー、これはどうやって解くのだ?」


肝臓の大きな役割に「解毒」がありますが、

解毒とは「毒を理解する」とも解釈できます。


肝臓は、いつも自分のところに来る相手を

理解しようとし、これは、今の自分にとって

有用か、そうでないかを見極めようとしているのです。

 


***



わしらは、理性と正義の門番なのだ。

理性を持って相手を見極め、

有害だと思えば解毒して腸に差し戻す。


これには並々ならぬ判断力、

そしてそれを下すに見合う

相手への理解力が必要なのだ。


ところが、あまりに理解不能なものばかりが

いつも送られてくると、わしらもオーバーヒートして、

中にはヒステリックになって弱ってくるものも出てくる。


そんなふうに弱ったわしらに、

肝炎ウイルスは感染してくるのだ。


ウイルスのやつらも、わしらが正常な判断力を

持っているか否かはよく見ている。


正常な判断のできぬ肝細胞は、

カラダにとって危険だというわけだな。

 


***


血液中に安定した社会を実現するのが、

肝臓細胞さんの至上命題です。


代謝、無毒化、貯蔵を通じて、

血液へ常に安定した栄養素を

送り続けようとしています。


ここには、毅然とした判断力と、

冷静で理性的な態度というものが

いつも要求されます。


ところが、この肝臓細胞さんにも、

陥りやすいワナというのがあります。


それは、「硬直した正義」とも呼ぶべき、

頑なな判断基準なのです。


夕方へつづく。


 

いよいよ6月開講、おのころ心平の、ココロとカラダの関係学。




肝臓病には、自尊主義が関わっていた!


第1回目、肝臓病の感情世界へ。

       ↓




あなたの病のとらえ方が、大きく変わるはずです。

 


詳細は、こちら からー。




おのころ心平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ