長話しは、思考感染を受ける。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。


テーマ:

おのころ心平です。



春先、人間関係が

あわただしい季節。


相手から尊重を得る

バウンダリー・トークでは、


できるだけシンプルに話す

ということを心がけていきます。


こちらの会話のペースを短くし、

たとえ相手が話の長い人であったとしても、

こちらは自分のスタイルを崩してはいけません。


相手が長いからと言って、

こっちも長くするというものではないのです。



***



会話というのは、大げさに言えば、

こちらの脳の世界と、

相手の脳の世界の交流です。


相手の脳のなかが散らかったままだと、

こちらの脳も同調して散らかるように
なってしまいます。


これを「思考感染」と言います。


家でも、ひとつの部屋が

散らかりはじめたら、

なんだかほかの部屋にまで

波及してしまいますよね。

あれと同じです。



***


ひとつの会話で

いろんなことを話されてしまうと、

聞かされるほうはすこしイライラします。


だからバウンダリー・トークでは、

相手の脳をイライラさせないためにも

「ひとつのトークでひとつのゴール」

と決めてから話します。


あれこれテーマを盛り込まず、
ワントーク、ワンゴールを想定して

話をするというのが基本です。


***


同調行為に慣れてしまっている人は、

発言力の強い人にいつまでも

合わせてしまって、

相手の長話を終わらせる

タイミングというのが見極められません。


それでいつまでも聞き役になり、

会話のバウンダリーが引けないのです。


会議でも長い会話を終わらせるのは、

ふだんからちょっと違う行動をとっている人です。


なぜならこの人は、他人と共に行動をしない

パターンに入る、絶妙なタイミングを

身につけているからです。


一対一の友人との会話においても、

こういう人は少ししぐさや姿勢を変えるだけで、

もう終わりだなと相手に思わせるような

不思議な間合いを心得ています。


会話の終わりの主導権を握ることができる能力は、

これはバウンダリーにおいてすごく大きな力です。


***


日頃の小さな努力って

ほんとうに馬鹿になりません。


バウンダリー・パーソンになるには、

日常にどれだけその意識を持つか

ということにかかっています。


4月、ぜひ、こちらでバウンダリー訓練を。

      ↓
   




おのころ心平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ