「バウンダリー」とは何なのか? | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。


テーマ:

おのころ心平です。


さあ、明日から月曜日。


職場に、学校に、

オフィシャルな

人間関係が再開しますね。


4月の新しい関係つくっていく際、


相手に主導権を握られ

振り回されてしまう前に、

心得てほしいのが、


バウンダリー、


です。


***


バウンダリーとは、

自分と他人の間にある

境界線のこと。


いまなぜこれが

大切になっているかと言えば、


ひとつには

コミュニケーションのツールが、

昔に比べてすごく増えているから

というのが理由です。


SNSの普及は、

コミュニケーションに革命を

起こしました。



***


個人個人のつながりは

かつてないほど増えていて、

それぞれのSNS文化の中で

人間関係がつくられていきます。


LINE、フェイスブック、インスタグラム……。

友達が増えるのはいいけれど、

コメントにいちいち反応しなくてはならない。


これからもテクノロジーの開発によって、

新たなアプリや新たなコミュニケーション

ツールがどんどん登場するでしょう。


こういう時代、

バウンダリーを意識しないままで

過ごしていると、

あっという間に情報の波に飲み込まれ、

複雑なコミュニケーションの中に

自分が埋没していってしまうことになります。


***


バウンダリーをひくというのは、
「相手と大きな壁をつくって遮断せよ」

と言っているわけではありません。


人と信頼関係を築くことは

すごく大事だと思いますし、

僕もどちらかというと

人のためにがんばるとか、

人のために努力していくことって、

とても尊いことだと思いますし、

そういう人間でありたいとも思っています。


けれども、今、人間関係が錯綜している時代に、


まず自分を大事にする

=自分の領域を守ること


を優先しないと、

人のためばかりに疲労、消耗してしまって、

あげくの果てには、

カラダを壊してしまうことにもなります。


***


自分をちゃんと尊重する「自尊感情」というものは、

自分と向き合うパーソナルスペース

(ひとりになれる時間と空間)がなくては育ちません。


でも、自分を尊重できないと

自分の持っている時間や空間を

他人に明け渡してしまうことになります。


するとますます自尊感情が育たない

という悪循環に陥ってしまいます。


あなたのパーソナルスペースを

確保するために、


相手に「ここは入っちゃいけない領域だ」

と思わせる、日常的な振る舞いが必要になります。


さて、ではそれをどうやるか。


新年度、おすすめなのが、

     ↓
  


あなたを尊重する快適な人間関係のために。



おのころ心平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ