全身反応としての花粉症。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。


テーマ:

おのころ心平です。



宮崎駿監督の

『風の谷のナウシカ』という映画、

ご存知の方も多いと思いますが、


素敵な映画で僕も何度も観ましたが、



あの中に、

虫がいっぱい飛んでいるシーンが

出てきます。

僕の友人などは、


「あの環境は耐えられないーぃー。」


と、悲鳴をあげていました。



***


あのシーンほどではないですが、


どんどん春めく今の季節は

虫に限らず、微生物も蠢蠢と繁殖します。


空気中には、花粉だけでなく、

こうした微生物も大いに飛び交うのです。


冬のひんやり乾燥した空気から、

様々なものを含んだ生温かい空気へ。


鼻粘膜、

咽頭粘膜、

気管粘膜、

腸粘膜


も、いままで乾燥状態でいたのに、


いきなり多くのものを含む

ねっとりとした空気に変わるものだから、

焦って、粘液を大量放出します。

鼻水、

唾液、

胃液、

腸液


ついでに、涙も。


***



花粉症って、

ひと言で言いますが、




この時期は、


カラダ全体で

急に入ってくるものを薄めよう

という水分反応が起こるわけなんです。


***


 
東洋医学によれば、


消化器系の免疫を担う脾臓こそが、


水穀(すいこく)の臓器。


 

熱と水(アレルギー)調整を担う

役割を持っています。


食べすぎ、飲みすぎによる脾臓負担は、

実は、全身反応である花粉症促進の

要因となるのです。


からだの声を聞くスーパーコラボ!!


世界各国でベストセラー。

日本でも何冊も、翻訳されています。




 
世界的直観ヒーラー、

 

 

リズ・ブルボーさん


と、おのころ心平とのオンライン・コラボセミナーが実現!


ココロとカラダの関係学に詳しい方なら、

もう、どよめくほど、驚いてしまう内容ですね。

当の僕本人が、めちゃくちゃ驚いてます。


4月15日・・・よいこの日、

と覚えてください。

  ↓

オンラインへのエントリー方法は、

こちら のページから、



ページ下部の、



赤丸のところ、クリックして進んでくださいねー。



おのころ心平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ