最近、朝がとても眠い理由。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。


テーマ:

おはようございます。

おのころ心平です。


春は、


春眠、

暁を覚えず、


という格言があるほど、

朝、起きにくい季節です。

孟浩然(もうこうねん)という

有名な詩人の作。




意味は、


春の心地よい眠りのため、

明け方が来たのがわからない・・・。


唐の時代、今から

1400年も前から

言われ続けている春眠


これは個人の力では

抗いがたいですね…


***


生まれたばかりの

新生児は、


1日に17時間も寝ていると

言います。


24時間-17時間=7時間


7時間しか起きていない


・・・と言っても


この7時間に受ける、

聴覚、視覚、嗅覚、触覚、味覚からの

情報といったら、

それこそ刺激的で膨大な情報。


意識をその都度、

シャットダウンして、


情報を潜在意識の世界に

持ち込み、そこで情報の

整理整頓をするのです。


だから赤ちゃんの睡眠は長い。


起きては、刺激を受け、

寝ては、その情報を整理し、

また起きて、情報を受け・・・、


ということをやっているのです。


***


この観点で見た場合、


春はたしかに、

冬より情報が増します。


実際に

聞くモノ

見るモノに


色や新しさが増えますし、


別れと出会いの

人間関係の交差もあります。


食べ物も、

種類が増え、


空気は、

乾燥した冬の空気より、

濃密になっています。


情報や刺激が増える・・・

=情報の整理整頓がしたい・・・


脳は

いったん入ってくる情報を

ストップした上で、

今ある情報を

整頓したいので、


だから、長く

睡眠をとりたくなります。


春、眠たくなるし、

朝、もうちょっと寝ていたいのは

そうした理由なのです。


***


でも、逆言えば、


朝すっきり

目覚めたいのであれば、


日中、瞑想したり、

目を閉じたりして

こまめに脳を

休ませてやることです。


春の脳は、忙しい。


それは1400年前も今も変わらない、

自然の摂理なのでしょう。



おのころ心平、最新刊で

睡眠の本質を知ろう!

          ↓



おのころ心平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ