人の意識は、宇宙と地球の意識をつなぐ。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。


テーマ:

おのころ心平です。


昔、生理学の本で、


細胞の細胞膜のしくみ


を眺めていて
気づいたことがあるんです。

  

細胞というのは、

その「表面の膜」が大事で、

その細胞膜の上には、
たくさんのレセプターが

くっついているんです。


レセプターは

細胞の外からやってくるホルモンや

神経伝達物質をキャッチし、


その信号を細胞の内部に送ったり、

逆に、


細胞内部からの信号を
細胞の外へ送ったりと、


内と外の伝令役、
つまり情報のコンダクターを

しています。

それによってその細胞を

カラダの中で孤立させないという
役割を果たしているのです!



***




ひるがえって、
この細胞膜の表面を

地球の表面と考えたとき、

その地上の上に
二本足ですっくと立っている
私たち人間は、レセプターとそっくり。


あ、


人間こそは情報のコンダクターなのかもしれない・・・、


と。

何と何の?というと、

東洋哲学に、


天地人(てんちじん)


という言葉がありますが、

「天」

「地」

結びつけるのが

「人」

という考えです。

***



これは、


「宇宙意識」

「地球意識」
結びつけるのが

「人の意識」

言い換えてもいいかもしれません。






動物は四足なので、
地球意識の方に

しばられてしまいます。



動物と人間を分ける

大きな違いは、


人間が二足歩行であるということ。





人間は、二本足で立ったために、


下半身は、

地球意識にしばられるけれども


上半身は、

宇宙意識のアンテナになることができる。



上半身と下半身・・・、

すなわち、脳と肚(はら)・・・
あるいは、思考と感情・・・


***



これを調和させることが、
個人の健康を増進するのはもちろん



結果として、

地球の意識と
宇宙の意識を交流させ、

地球を、
宇宙の中で

孤立させないようにする役割を
果たしていることに


なっているのではないか・・・

あなたが


何気なく歩き、
呼吸し、

自己表現をし、
才能を発揮することが

じつは、


地球の宇宙への情報発信。


宇宙に対して、

地球、ここにあり!


と発信するサインになっている

可能性があるのです。

ワクワク生きれば、
それは地球の元気につながる・・・


はい、


今日も口元にっこり。

じわじわとした喜びを感じながら

いきましょう。



今、幸せでええやん!

   by 尾﨑里美


3月23日(土)開催、

       ↓


【日 時】
2019年3月23日(土)

 12:20受付開始 12:45開催〜 ※16:30頃終了予定


第 1 部> おのころ心平 氏 講演(50分)
 『discover my body ~カラダに教えてもらう自分~』


第 2 部> 尾﨑里美 氏 講演(90分)
 『お笑い心理学講座 〜イメージングで夢を叶える方法〜』


第 3 部 >尾﨑 氏×おのころ 氏×岸紅子 クロストーク(30分)

           ↓

【DISCOVER MYSELF オリジナルの幸せを生きる方法】   



おのころ心平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ