春のおなかぽっこり予防。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。


テーマ:

おのころ心平です。

 


午前中の記事に書きましたように、

春の食材は、

カラダをゆるめる作用のものが多く、



ついつい、おなかも・・・



でも、

「今日は、そんなに

食べているわけじゃないのに、

なんで、こんなにおなかが

ぽっこりしてしまうんだろう?」


…ってことが、

しばしば起こると思います。


 

それはいったい

どんな原理で起こるのでしょう?


***


僕らの消化管内には、

食べ物を溶かすべく、

消化液が毎日、分泌されています。


その消化液、

1日に分泌される量って

どれくらいの量だと思います?



おのころ心平 - ココロとカラダの交差点


なんと、


唾液、胃液、胆汁、膵液、

腸液など合わせて、


およそ7~8リットルもの量なんです!

(大きいペットボトル4本分!)

 

1日に摂取する水分の

3倍以上もの消化液が

胃腸内に出ているというのです。


つまり、


食べた量がそのまま

 

おなかぽっこりに

 

反映されるのではなく、

 


食べたものを

 

溶かすための消化液の量が

 

おなかに反映されるのです!

 

***



そして、


食べたものが

溶けにくいものであればあるほど

それを溶かす消化液の量だけ

おなかのぽっこりに、表れるわけです。



これらを考え合わせるに・・・、



おなかぽっこりを防ぐためには、



1.一気食い、大食い、早食いを

できるだけやめること


2.脂肪成分の多い溶けにくいものを

単体で食べるのはできるだけ控えること


3.カラダが冷えた状態で食べないこと



以上の3か条は、

守るようにおすすめしたいと思います。



***


そして、もうひとつ、

食べること、とは、

比喩的にに表現するなら、



・溶かすこと、

  ↓

・融和すること、

  ↓

 

打ち解けること、


あるいは、

・水に流すこと、


です。


だからもし、あなたが、


何か許せない気分や、

打ち解けたくない気分で

食事をしていたとしたら、



それは胃腸内に反映されて

食べ物を溶かしにくくなり、

たくさんの消化液を使わなければ

ならなくなります。


結果、あなたの下腹は

ポッコリしてしまうのです。



***



というわけで・・・


ゆるーりと気分で食事をすることが、

最高のおなかポッコリ予防。


これを意識しながら、

3月の中旬・下旬、


ゆったり食事に

取り組んでいきましょう。



自分再発見の大チャンス!


3月23日(土)開催、

       ↓


【日 時】
2019年3月23日(土)

 12:20受付開始 12:45開催〜 ※16:30頃終了予定


第 1 部> おのころ心平 氏 講演(50分)
 『discover my body ~カラダに教えてもらう自分~』


第 2 部> 尾﨑里美 氏 講演(90分)
 『お笑い心理学講座 〜イメージングで夢を叶える方法〜』


第 3 部 >尾﨑 氏×おのころ 氏×岸紅子 クロストーク(30分)


           ↓


【DISCOVER MYSELF オリジナルの幸せを生きる方法】  



おのころ心平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ