歴史上の人物に学ぶ、睡眠の個性。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。


テーマ:

おのころ心平です。 


さっそく、部門別ベストセラー!

ありがとうございます!!



 

Amazonで予約注文  


最新刊発売(2月27日)に、関連しまして、


今回は、

眠りには、“個性”があっていい!

の代表格のような歴史的有名人を

紹介しておきましょう。


●レオナルド・ダ・ビンチの睡眠



イタリア・ルネサンス期の代表的な芸術家である

レオナルド・ダ・ビンチの睡眠方法はかなり特徴的です。
 
4時間ごとに15分程度の

睡眠をとっていたということですから、

かなりの「多相睡眠」だったようです。


昨日も書きましたように、

もともと人間を含む哺乳類は

多相睡眠をとる生き物で、

この多相睡眠は人間のカラダにも

適していると言われています。
 

なので、一度にまとめて睡眠をとる

現代人のような「単相睡眠」のほうが

むしろ不自然なのかもしれません。 



●ウィンストン・チャーチルの睡眠



イギリスの元首相であるウィンストン・チャーチルは、

毎朝8時に起きて、翌日の午前3時に寝る

という生活を繰り返していたそうです。


しかし、やはり昼寝は好きだったようで、

国会議事堂のなかにチャーチル専用のベッドを用意させ、

毎日1時間ほどの仮眠をとっていたと言います。



●トーマス・エジソンの睡眠
 



蓄音機や白熱電球の発明で知られる

トーマス・エジソンは、

「睡眠は時間の浪費だ」

というのを口癖にしており、実際に

「ショートスリーパー」として知られています。


(今はショートスリーパーは

「遺伝子変異者」として扱われるようになりました)

エジソンは、一日に平均4時間ほどの睡眠を

とっていたようですが、研究に没頭すると
2~3日はまったく睡眠をとらない

ということもあったそうです。


●カルビン・クーリッジの睡眠




逆に、アメリカ合衆国第30代大統領、

カルビン・クーリッジは、

歴代アメリカ大統領のなかでも

最も睡眠時間が長かったことで有名です。


夜間は9時間の睡眠をとり、加えて
2時間の昼寝をとっていたと言われています。


つまり一日の平均睡眠時間は、

総計11時間だったのです。



●スティーブ・ジョブズの睡眠



Appleの創業者であるスティーブ・ジョブズは

睡眠を分割してとることをすすめ、

自ら実践していました。

例えば、8時間の睡眠をとるときは

4時間ずつ2回に分けて睡眠をとっていたそうです。


彼は、睡眠によって8時間も思考が停止してしまうことを

嫌がったそうです。

ジョブズらしい発想ですね。


***



Amazon予約購入者限定のプレゼントキャンペーン!

 


 来週には、Amazon予約キャンペーンの

詳細をお知らせしますね。


予約者限定の今回のキャンペーン。

お見逃しなきよう、ぜひ、こちらからご予約を。

           ↓

 


Amazonで予約注文



おのころ心平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース