インフルエンザウイルスへの予防的意識習慣。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。


テーマ:

おのころ心平です。


インフルエンザウイルスをじはじめ、


ウイルスとは、

DNA(あるいはRNA)を核に、

タンパク質の殻(から)だけをまとった

非常にシンプルな構造物です。





生物なのか、

生物でないのか…


「自己を複製しようとする」

という点で、

かろうじて

「生きている」と言えるものです。


病原体として、

細菌とウイルスを

同じようなものだと

思っている人も多いと思いますが、


細菌とウイルスとでは、

存在自体、

かなり異なるものなのです。



***



まず大きさが全然違います。


人体を地球に例えると、


細菌の大きさは

地球上を歩く「象」くらい。


そして、ウイルスは

「テニスボール」から

「米粒」くらいの大きさなんです。


ウイルスは、

細菌にも感染できる

んですよ。



***

そのウイルス、

私たちのカラダに入ると、


細胞の表面である

「細胞膜」

鍵穴をあけて侵入し、


細胞核にあるDNAをのっとって、

自分のDNAを書き写そうとします

(そうやって他力で

自己増殖をするんですね)。



***


ウイルスからすれば、

カラダに入れたとしても、


細胞の中に侵入するには

「細胞膜をやぶる」という関門を

通らねばならないわけです。


・・・ということから考察するに、


私たちの細胞膜の状態に、

ウイルスがはいったり、逆に

ウイルスから身を守るヒントが

あるのではないか?


そう、


「インターフェイス」にヒントが・・・?


インターフェイスは、

接触面という意味です。


人体にとって


見た目

表情
立ち居振る舞い
言葉づがい
 

はインターフェイス、


誰かと会った時に交わすあいさつ

SNS上の会話


もインターフェイス。


この辺を見直したり、

整え直したりすることが、


ウイルス感染に対する防衛力を

高めるのかもしれない。。。


そう考えるのです。


今夜は、明日からの

あなたのインターフェースで

整えるべき点を点検しながら

眠りにつきましょう。


月のリズムを味方につける全力講座。

             ↓


3月、東京、大阪、福岡で開講!



【東京】金曜日コース<24名限定>
3月15日(金)
4月12日(金)
5月10日(金)
6月07日(金)
7月05日(金)
8月02日(金)

会場:フクラシア丸の内オアゾ(アクセス)
JR東京駅 丸の内北口すぐ


【東京】土曜日コース<24名限定>
3月16日(土)
4月13日(土)
5月11日(土)
6月08日(土)
7月06日(土)
8月03日(土)

会場:TKP品川カンファレンスセンターANNEX (アクセス)
品川駅 高輪口 より徒歩3分



【大阪】木曜日コース<24名限定> 
3月14日(木)
4月11日(木)
5月09日(木)
6月06日(木)
7月04日(木)
8月01日(木)

会場 :ラソンテ新大阪ブリックビル(アクセス)
新大阪駅より徒歩3分


【福岡】日曜日コース<12名限定>
3月17日(日)
4月14日(日)
5月12日(日)
6月09日(日)
7月07日(日)
8月04日(日)

会場 :JR博多シティ会議室(アクセス)
JR博多駅直結


いずれの会場も 10:00~16:30(開場:9:45)

詳しくは!

  ↓

2019年「月よみ師」養成講座。  




おのころ心平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース