111。そこに意味を見い出そうとする力。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。


テーマ:

元旦以来、

深夜にこんばんわ。


おのころ心平です。



・・・人はなぜ、

ぞろ目が好きなんでしょう1月11日。


時計にふと目がいったときに、


1:11


なんてなっていると、

それだけで、何だか

いい気分になります。


じゃあ、自分で時計を進めて

1:11にセットすればいいじゃない、


・・・って、

そんなことをしてしまうと台無し。


思うに、

シンクロニシティなんですね。


いまこの瞬間の、

「意味ある偶然」というものに、

人は、魅了されます。


00:00~23:59の中で、


分単位で言うなら1440分の1の

タイミングに遭遇するその意味。



そこに意味を見い出そうとする



という、僕は、これ、

人間のすごく大事な能力だと

思うんです。


この力で、宇宙の物理法則を発見し、

文明や人間社会をつくってきた、

とまで思います。


大げさに聞こえるかも知れませんが、


111を見て、「ラッキーだー!」

なんて熊や猿には、

お目にかかったことありませんからね。

 


***


ちなみに、1のぞろ目のことを

英語では、Snake Eyesと言うそうです。


へびの目。




(ま、まあ、そう見えなくはないですが。。。)



111のスネークアイズと聞いて、

僕の頭に浮かんだのは、



 
     


 


の、3すくみの図、でした。


へびはカエルには強く、なめくじには弱い

カエルはなめくじには強く、へびに弱い

なめくじはへびに強く、カエルには弱い


「へー、なめくじって蛇を負かすのか!」

と思っていたら、


実際には、へびは

なめくじも飲み込んでしまうそうです。

(へび、最強。。。)


***


この3すくみ伝説、昔々、

中国から伝わってきたそうなんですが、


実は、その時の3匹は、

へび

カエル

そして、

ムカデだったのだそうです。


ムカデの中には、

蛇より強い毒をもったのも

いるそうですから、


中国版3すくみは成立します。


***


じゃあ、なぜ、ムカデがなめくじに・・・?


謎が謎を呼び、想像が想像を呼ぶ111。


人間の大いなる想像の力を信じて、

今から僕は眠りにつきたいと思います。

        ↓

    




 

  □詳細は→ 月よみ師養成講座2019   



おのころ心平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース