先生!なぜ鼻がつまるんですか? | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。


テーマ:

おはようございます。

おのころ心平です。



「先生!なぜ鼻って、つまるんですか!?」



という元気のよい質問を頂きました。



***



昨日、


空気の乾燥が強いので手をもみましょう…その理由。


でも書きましたが、


いまは、空気の乾燥が強いので、

鼻の乾燥が強い人も多いようです。


その反動としての、鼻づまり・・・。

今日は、鼻の構造と

鼻づまりの背景にある

ココロについて解説していきましょう。


***


僕らのカラダの天然の

空気清浄器。


それが、鼻腔。


外界の温度・湿度を

適度な状態に調節し、

空気中の微粒子を

その粘液で捕縛し、

不必要な刺激が

気管支へ入っていかないよう、
呼吸器系をその前線で守っています。


その鼻腔、意外と広い。   

    ↓

 


一番上の層が、入ってきた空気と

直接触れる鼻粘膜。ここに粘液(鼻水)を

分泌する働きがあります。


粘液を分泌し、空気をキャッチするんですが、

外気がカラダに有害だと

感知すればするほど、 粘液分泌は多くなります。



***

また大気の温度変化、

湿度変化にも対応します。

外界と気管を結ぶ踊り場で、

空気のつなぎ役をする鼻腔にとって、


その先へ送り込む空気を

一定の状態に加工する

ことこそが至上命題。


それが全うできないならば、


空気を送り込むことをブロック

=つまり、鼻づまりを起こします。


***



はい。


鼻づまりは、空気を加工する能力の低下。

心理的に見るならば、


今の自分は

新しい新年の空気に

対応することができない・・・


=自分の状況適応力の自信のなさ。


これが、

鼻づまりの背景にあるココロ・・・

ひょえー。



そして、それは


外界に対する不信


につながってしまいます。



ああ、


あなたが自信がつくまで

(あるいはそう決意するまで)


鼻づまりは、あなたを

守ってくれているわけです。


ありがとう、鼻づまり・・・。



***


続々お申込み、ありがとうございます!


 




 

  □詳細は→ 月よみ師養成講座2019   



おのころ心平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース