年代別の悩み。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。


テーマ:

おのころ心平です。


生活における意識の向け方は、
年代別に違ってくるでしょう。


20代…
自分の才能、特技、

能力の発見、

自分の個性とマッチングできる環境、
職場、

恋人、結婚相手・・・


30代…
結婚、

パートナーシップ、

職場の人間関係、

出産、子育て、

教育、仕事との両立、

両親との時代的価値観の相違・・・


40代…
職場での上司、部下との

コミュニケーション(共通理解)、
子供とのコミュニケーション(意思疎通)、

自分のカラダとのコミュニケーション、
自分の世界を保つこと・・・


50代…
自分棚卸し、

自己表現の方法、

社会還元、世界を広げる、
あらためてパートナーシップ、

両親との距離感・・・


60代…
自己評価、社会還元できること、

体力の維持・配分、

経済力の維持・配分、
セルフケア、医療選択、

家族との関係の再認識・・・



***


各年代にそれぞれの

「認知フレーム」があり、
悩みの質も変わってきますが、

健康問題、経済問題は、

どの世代にも、生活の在り方に

大きな影響を及ぼす大きなテーマです。



「認知」とは、

「認知行動療法」などで使われる用語で、
いま現在の、ある事柄に対する自分のココロの傾向を、
 客観的に把握するということです。


何を悩みとし、
何を解決すべき優先順位とするかは、
その時点での、その人の
「ココロのフレーム状態」にかかっています。


***


あなたがこれまで生きて

培ってきた経験と、
その都度、感じてきた感情によって
ココロのフレーム(枠組み)は、
人それぞれに特色があります。


それはまず、

尊重されなければなりません。


しかし、

うまく機能していない

フレームを見つけたなら、

それを


Re+Flame=リフレーミング


することはできます。



***



認知療法や認知行動療法において

「認知の歪み」と呼ばれる原因に


1.全か無かの思考(オールオアナッシング)
2.~すべき思考
3.行き過ぎた一般化
4.心のフィルター
5.マイナス化思考
6.結論の飛躍
7.拡大解釈、過小解釈
8.感情の理由づけ
9.レッテル貼り
10. 個人化


というものがあります。


感情の整理整頓に使うのは、
特定の不快感情に付随する「言葉」です。


何気ない口ぐせや、

会話でよく頻出する言葉から、

その人が強くもつ感情パターン

およびココロのフレームと

紐付けが可能です。

それを認識することで、

日常において意識して「言葉」を変え、

同時にココロを整えていくことはできるのでーす。

    ↓

 
 


 12月開講、おのころ心平、

最新の実践心理学講座

にて。


      ↓        


 

おかげさまで各会場、

まもなく満席。


 

受付締切は、

今週金曜日までです!


→ ココロを深めて、カラダを癒す心理学連続講座     









おのころ心平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース