水曜日のチャクラ。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。


テーマ:

おはようございます。

おのころ心平です。


水曜日は第6チャクラを

意識して過ごしましょう。



第6チャクラは、

■眉間(みけん)から、

後頭部まで「脳幹」を貫くチャクラです。


■眉間の奥には、脳幹部があります。

松果体(しょうかたい)、

視床下部(ししょうかぶ)、

脳下垂体(のうかすいたい)…。

体内時計(サーカディアン・リズム)や自律神経、
ホルモンバランスなどを統括する

生命維持にとって大切な脳の集まり。


生きていくうえで根源的な欲求の生じるところです。
この生命欲求と理性とをバランスさせる場所。

また、右脳と左脳をつなぐ

脳梁(のうりょう)の位置する場所。

眉間には表と裏、

右と左のバランスが宿るのです。


 ■色は藍(あい)。


■思考中枢です。

直観と理性を統合し、

明確なヴィジョンを描きます。


■テーマは、

洞察力、バランス感覚、明晰さ、

経験から学ぶ力、感情の成熟。


■第6チャクラは


「知性、直観、洞察、叡智についての学び」


を担当しています。



***


今日水曜日は、

ものごとをよく観察することです。


脳は効率よく働くために

いつもショートカットを

狙っていますが、


自分の過去の見方にばかり

依存してしまうと、

第6チャクラが不活性になり、

こだわりが増幅し、
第6チャクラが本来与えてくれる

イメージ力・想像力が低下します。


そして、いつまでも同じ場所に

とどまることを選択してしまいます。


そうした選択が続くと、

自分を見透かされることが恐くなり、
必要以上に自分を防衛する態度を

とってしまいます。


***



■第6チャクラは視覚センサーで磨く。


今日は、脳のショートカットパターンの

スキをつくような新しい観察眼をもって

第6チャクラをを養いましょう。


つまり、いつも一瞬で

意味づけしてしまっていること、


ふだんの生活では

ほとんど気にも止めず

見過ごしてしまっていることを


あらためてよく見てみて、

違った意味を見いだしたり、

別の見方で見てみたりするのです。


***


■第6チャクラ機能=visionary(ヴィジョナリー)。


ものごとを見通す力。

意志の力。

予見の力。

ファシリテーション能力。

場を読み、未然に問題を

解消する推測能力。


第6チャクラには本来、

ものごとの本質を見抜く力が

備わっています。

観の目・見の目(かんのめ・けんのめ)

という言葉がありますが、


観の目とは全体をみる目、

見の目とは目の前の現実を見る目です。

「木を見て森を見る。」

これを同時に行なうことで、

眉間の奥、

ザ・サード・アイ(第三番目の目)

を呼び覚ますことができます。


  ↓

  

 



 第3回は、

潜在意識や

目に見えない世界の探究

になります。

   ↓


   

 → ココロを深めて、カラダを癒す心理学連続講座




おのころ心平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース