あなたの“いいところ”をどんどん引き出す秘訣。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。


テーマ:
おはようございます。

おのころ心平です。

 

たとえば、 もし、この世から

〝人間関係ストレス〞

というものがなくなったら、


たぶん、現代病は

半減するのではないか・・・。


とよく考えます。


それほどまでに、私たちは

人間関係が原因のストレスに

悩まされています。


実際、クライアントさんが悩んでいる

病気やカラダの症状の背景には

ストレスがあり、


ストレスの背景には

人間関係があるということに

多くのカウンセリングを通して、

気づかされてきました。


逆に言えば、

人間関係を見つめ直すことが

ストレスから

フリーになることにつながり、


そして、カラダもフリーになることに

つながっていくということです。



***



では、何をどうすればいいのでしょう?

その秘密の答えのひとつは

「言葉」にあります。


個体、個人、個性の「個」と、

その個を取り巻く環境、つまり「場」、

このふたつをつなぐ大切なツールが

「個と場」、つまり「言葉」だと

カウンセリングでは

いつも説明しています。



言葉には、

周囲との関係性を変える力が

秘められています。


そして、

周囲の〝場〞を健やかにするには、


他人ではなく、自分自身の言葉を
変えることから始まります。



***



ここで、少し思いを

巡らせてみてください。


日常で、あなたに

もっとも影響を及ぼしている人は、

誰ですか? 

その人のいいところは、

どこですか? 

それをほめるとしたら、

どんな言葉がいいでしょうか。


心理学の世界に

「投影」という用語があります。

たとえば相手に対して

「嫌だなぁ」

「苦手だなあ」

と思うココロの奥に、

自分も同じ面を持っていることを認めたくない、

という気持ちが隠れているときがあります。


でもこれは否定的な場面だけでなく、

肯定的なシーンにも使われます。

たとえば、相手に対して


「こういうところが素敵」

「ここが素晴らしい」


と思うことは、

それは自分が気づかないうちに

同じ美点を持っているということ。



***


つまり、こういうことです。


相手のいいところに

どんどん目を向けることは、

実は、あなた自身のいいところを

どんどん引き出すこと。


褒め言葉は、あなたの周りを

ハッピーな空気に包んでいく

すごい魔法だと思うのです。



そんな僕の研究成果をあなたとともに。

       ↓


 

 

「個と場の法則」にしたがい、


ついつい口にしてしまう口癖の

心理分析を行ないます。


そのうえで本質的に、

言葉の選び方を変えたくなるワークを

取り入れていきたいと思います。


強引に言葉の使い方を変えても、

長続きはできません。


第2回目のあとの、homework、


 

言葉日記を通じて、

「腑に落ちる」言葉使いを身につけていきます。


おのころ心平、

最新の実践心理学講座。



 

→ ココロを深めて、カラダを癒す心理学連続講座




おのころ心平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース