今日は、やぎ座・上弦の月の作用が降り注ぐ。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。


テーマ:

おはようございます。

おのころ心平です。


今日は、未明3:01に

上弦の半月を迎えました。


 


そして、その瞬間、


月の向こうにあった月の星座は、

やぎ座です。




やぎ座の占星術的意味は、


律儀

誠実

責任感

真面目

努力


忍耐
ルール
制限
限界
支配
持続性
安定的な関係

社会性
物質
目に見えるもの
結果を出す
仕事熱心
慎重
合理的
根気強い
伝統を重んじる・・・、



今日は、月の反射は、


真面目にやってきたこと

律儀にやってきたこと

これまでしてきた努力

    ×

上弦の月(意識への浮上)


 

となります。


がんばってきたことを

誰かに認めてもらえたら

いつでもうれしいですが、


今日は特に

とってもうれしい日。


逆に、


忍耐、がまん、制限

自分をしばってきたルール

    ×

上弦の月(意識への浮上)


 

というふうに出ると、


「なんでわたしばっかり!」


と、感情的に

爆発してしまうかもしれません。



***



ところで、やぎ



やぎって、牧歌的で、

ほがらかなイメージがあると思いますが、


「やぎ座」は、そのイラストが、

かなりグロテスク。


 


うーー、


下半身が、魚なのはなぜなの!?

あなた、何があったの?


と、つっこみたくなります。


***


はい、秘密は、


ギリシャ神話にあります。



 神々がナイル川沿いで

宴会を開いていたところ、


突然、怪物テューポーンが

現れました。


驚いた神々は、つぎつぎに

動物に化けて逃げ、


ヤギ頭の牧神アイギパーンも、

川に飛び込んだ際に、

下半身だけ魚になりました。


その姿を、大神ゼウスによって

星座とされたのだそうです。


***



ギリシャ神話って

謎だらけですが、


やぎ座の頭部が山羊、

下半身が魚という組み合わせは、


山の幸と

海の幸の統合


を表すのだそうです。


またそれが転じて、

男性性と女性性の統合

を表すものになったそうだとか。

(やぎ座に、そんな過去が…)


やぎ座の性質が、

上弦の月に反映される今日。


あなたの身近にいる男性が

(男性なら身近の女性が)


これまでがんばってきたことに

きちんと目を向けてあげましょう。


***


あなたのココロを深く育てる3か月。

      ↓
 

 


 


内容は、

睡眠、言葉、そして、シンクロニシティ・・・

いずれもココロにパワーを与えるものとして扱い、


実践心理学講座として、


2018年の年末からスタートし、

2019年1月、2月で、来年1年間の

ココロのどーんとパワーを与える講座をやりたいと思っています。


特に第3回、シンクロニシティは、

目に見えない世界に挑む、おのころ心平の

講座としては初めてのチャレンジ、初公開講座です。


 
あなたの、




→ ココロを深めて、カラダを癒す心理学連続講座  



おのころ心平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース