幸運のシンクロニシティ。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。


テーマ:

おのころ心平です。



午前中の記事に続き、



今度は、

幸運のシンクロニシティ

とでも言いましょうか。


それを表すのに、

セレンディピティ

という言葉があります。



昔々、セイロン(現在のスリランカ)に

王子が三人いました。

時の王様は、

三人の王子に宝探しを命じました。

第一の王子は、

宝石があると思われる山に向かって、
わきめもふらずに進みました。

途中にどんなすばらしいものがあるかを

見つける余裕などありません。
とにかく早く宝石を得るため、

がむしゃらに進みました。

第二の王子は、

少々なまけ者で、さぼりグセがあり、

のんびり進みました。

ある時、彼が休んだ場所で、

足元に石が落ちていました。
その石を拾い上げてみましたが、

価値がないといって、捨ててしまいました。

第三の王子は、

目的の山に向かって計画的に進みました。
あるところで休息をとり、

面白そうな石があったので
拾い上げてみました。


よく見ると、その石は王様から命じられた
目的の宝石とは違っていましたが、

とてもすばらしいものだったので
喜んで持ち帰りました。


***


このセイロンの3人の王子の

童話のお話がもとになり、

「セレンディピティ」という

言葉が生まれました。


「セレンディピティ」というのは、

何か探しているものとは違っても、

それ自体に価値があるものを

見いだす能力のことを言い、


科学的、数学的大発見の時にも

よく引き合いに出される言葉なのです。


***


★目的のもの以外には

見向きもしない第一王子のタイプ


☞ 彼の呼吸は、浅く速いでしょう。


★拾い上げた石の価値を

見いだせなかった第二王子のタイプ


☞ 鼻づまりか、口呼吸になっているでしょう。


それに比べて、


★セレンディピティに恵まれた

第三王子には、立ち止まって休む余裕と、

拾い上げた石の価値を見いだす力があったのでした。


☞ 適切な呼吸。深くゆっくりと安定していて

  いざというときへの備えもあります。


あなたの目的、目標への姿勢は、

呼吸に表れています。


逆に、呼吸を調える(ととのえる)ことで、

いまのあなたにも意図しないような幸運が

訪れる可能性がぐーんと上がるのです。



…夕方の記事につづく。



***


 
 

 
第3回は、


潜在意識や

目に見えない世界の探究


になります。

  ↓



 → ココロを深めて、カラダを癒す心理学連続講座

 


おのころ心平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース