断捨離の至高空間がそこに。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。


テーマ:

おのころ心平です。

 


出張続きでしたが、

今日、事務所に戻ったら、

こんなものが机に。


IMG_20180912_163555742.jpg

至高シリーズ?


おお、何々?

期待値あがる。


ふたを開けると・・・


IMG_20180912_163612245.jpg

ティッシュかーい!


高級ティッシュ、羽衣!!


こ、これは、つかいにくいわー。



・・・てなことで、

うちの事務員さんたちのセンスに

驚愕爆笑の誕生日プレゼントなのでした。




***



さて今回は、至高にちなみまして、





より。


断捨離、やましたひでこさんの描写を。



***



高野山山頂へと向かうケーブルカー、

小走りにその乗換駅に向かう

他の乗客たちを横目に眺めながら、

重い足取りで後を歩く私。

ところがだ、山頂に到着したとたん、

私の気持ちは一変した。

なんだろう、この空気感、
なんだろう、この空気の透明感、
なんだろう、この空気の静謐感。


目指す宿坊を結ぶバスの中でも

私の持ち前の好奇心が復活。


バスの高い後部座席に陣取って、首を回し、

目を見開いて小さな門前町の家並み、

細い路地の商店を覗き込む。

やがて、到着した宿坊。


リゾートホテルや温泉旅館しか

経験したことのなかった私が初めて泊まる宿坊。

なんの設備もない畳と襖だけの空間が

かえって清々しい。



(中略)



勤行の後、開放的な宿坊の縁側に

一人腰を下ろしながら、

目の前の庭を掃き清める若い修行僧を眺めていると、


ふと、こんな感覚が湧き上がってきた。


彼は白い砂の表面に熊手のような箒で

渦巻きや曲線で端正な文様を

丁寧に描いている。

そうだ、断捨離が言葉でなく、


もしも「場」だとしたら、

もしも「空間」だとしたら、
もしも「生活」だとしたら、


今まさに私が味わっている、


この「高野山」という場、

この「宿坊」という空間、

この「修行僧」の生活、


そのものとなるに違いない・・・。



***



そう、


断捨離の境地、

その、実態空間がそこに・・・。


もしも、あなたが、

断捨離を日常に、


ビジネスに、

生活空間に、


取り組もうとされているなら、


その究極空間、

高野山には、一度、

お登りになることを

強くお薦めしたいと思います。


アタマでわかるのと

カラダで感じるのと


それはどちらも大事だけど、

どちらもあった方がよりいいはずですから。



11月11日(日)、

心を洗う断捨離と空海セミナー

高野山にて!!

        ↓


今すぐお申込み!!の方は、こちら へ。




おのころ心平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース