時間って、惑星と太陽との関係が決める? | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。


テーマ:

おのころ心平です。


少し前の写真なんですが、

まるで龍神が、

太陽を飲み込んでしまうがごとく・・・


 

 
***


 

僕らは、

「日が昇って沈む」と

当たり前のように言いますが、




実際は、太陽は昇ったり、

沈んだりはしません。


ずっとそこにいて、

毎日同じように、

わけ隔てない光を

われわれに注ぎ続けています。


それを、受け取る側の

地球の方で自転していますので、


昼と夜が生じて、

朝焼けも、夕焼けも生じるのです。


***


地球の自転周期は、

1日(24時間)ですが、


ほかの惑星はどうでしょう。


以下、一覧にしてみました。


水星の自転周期:58.65日

金星の自転周期:243.0日(太陽系で一番遅い)

火星の自転周期:1.026日(地球とほぼ同じ)

木星の自転周期:9.8時間(太陽系で一番早い)

土星の自転周期:10.2時間

天王星の自転周期:17.9時間

海王星の自転周期:19.1時間


・・・すごいですね。



木星、土星は巨大星だけに、

自転速度もゆっくりなのかと思いきや、

結構な高速で自転します。


木星・土星は、

昼夜が、ほぼ5時間で

入れ替わるような星なのです。


逆に、水星、金星の時点は遅い。


水星の昼の長さは、29日程度、

金星に至っては、

122日間の時間の長さが昼です。



そんなに昼が長かったら

熱で蒸発してしまいそう。


言い換えるならば、


太陽の光の受け取り方は

惑星によって様々なのです。



火星は、地球とほぼ同じです。

だから昔から、火星には生物がいる

と予測されてきたのかもですね。



地球と太陽の関係は、

1日24時間のターム。


その関係があって、

時間と3次元空間が保たれているのかも

しれません。


僕は、宇宙人はいると思いますけど、

果たしてその存在を、

地球の中で生まれ、地球の中で

はぐくまれた五感や空間・時間認識で

とらえることができるのかどうか・・・


太陽系の惑星たちでさえ、

太陽との時間の関係がこんなに違うのに、

それは、疑問ですよね。


***


大阪・本町にて、

今週末8月19日(日)開催!

 


10:30-12:30 一瀬先生 

「臓器はいつも語りかける」

 

              +


 

8/19(日) 14:00-17:00 おのころ先生 

「ココロとカラダの秘密」

~病気の理由を読み解く臓器のココロ学~

 

120名まで増席してくれました!

あと10名ほどだそうでーす。

         ↓

onokoro

   

おのころ心平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース