話せばわかる、の本当の意図は? | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。


テーマ:
おのころ心平です。

夏休み真っ盛り!


家族とも、

いつもと違う距離感ですから

ちょっと、いらいらとか

「どうしてこうなの、もう!」とか


そんな気持ちが

じわじわ溜まってくる頃かもしれません。


現在、こちらで連載中の、

「バウンダリー」の応用講座。

      ↓



ぜひ、こちらから続きをお読みください。

       ↓

ウーマンエキサイト - woman.excite -  



***



「話せばわかる」

「ゆっくり話し合えばわかり合える」


というセルフの背景には、


「自分の思いを

わからせようとしている」


という本音が隠れておりますので、

(バッサリ!)


話し合ったところで、

よけいに話がこじれる場合が多いです。


なぜなら、

相手の話をゆっくり聞こうということは

ほとんどなくて、


たとえ聞いていたとしても、

相手の話を聞く風を装いながら


頭の中では、

次に自分が何を言うか

を考えています。



***



カウンセリング現場で、

様々な家庭内の行き違い、

職場での人間関係ストレスをみてきて、

 

僕は、


「話せばわかる」

という台詞が出た時点で

もうずいぶん難しい局面なんだな、

と見込みを立てます。


理想的にはだから、


この台詞が出ないような

ふだんのコミュニケーション・センスが

重要なのです。


***


職場や家族間において、

コミュニケーションの言葉は、

健全なバウンダリーを築くために

重要な要素です。


でも、その言葉をのせる手段がいま、

たくさん増えていますね。


たとえば、ある案件を、


メールで伝える方がよい場合と、

電話で伝える方がよい場合と・・・、


どちらがよいかというのは、

コミュニケーションのセンスが

問われるところです。

***


コミュニケーションというものは、

その場合場合の機微があり、


直接電話よりも

メールの方が伝わる場合もあります。


たとえ夫婦や親子でも、

いきなり電話をかけることで、

バウンダリー・オーバー

(バウンダリー越え)が

発生してしまうことがあります。


肉声というのは、すごく近いからです。

装飾ができません。素(す)が顕(あらわ)なのです。


「素でいいじゃないか、直球で行こう!」


という男性に限って、やっぱりそれは

バウンダリー・オーバーを起こしやすくなっています。


***


僕の友人に、

黎明期の携帯電話の開発に携わった

人がいるのですが、彼曰く、開発当時、

開発チームではほとんどの人が、

「メール(メッセージ)機能など、

誰が使うだろうか?」

「本当に必要なのだろうか?」

という議論がたびたびあったそうです。


いまこれだけ文字での情報交換が

発展していることが、当時は、

想像もできなかったので、

用があるなら電話の方が早いだろう、

という発想だったわけです。



***


 

はい、

このことが端的に示しているように、

コミュニケーション文化は、


かつてのイメージを

化石時代にしてしまうくらい、

今日も進化しています。


言葉に対してこれだけ

デリケートな社会になって、


コミュニケーション・センスの

トレーニングは、ますます重要になってきています。

   ↓

 

      

Amazonでの購入はコチラ。



そして、

医療コミュニケーションもシミュレーションが大事。

最適な医療者との関係を考える最高イベント!


いよいよ明日、8月11日(土)開催。

  


当日受付は、

 9:45~10:20まで、1日通し券、10,000円

11:30~12:10まで、午後通し券、9,000円


で販売させていただきます。


    ↓


御茶ノ水ソラシティ・カンファレンスセンター  2F 総合受付へ!



おのころ心平さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース