現代女性は「人類初体験」なほどホルモンの波にさらされている・・・ | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。


テーマ:

おはようございます。

おのころ心平です。


 

むかし、

おじいちゃん・おばあちゃんの

世代って、たくさん兄弟姉妹が

いるって、普通でした。



たとえば5~6人

出産するということは、

 

そのお母さんは、

20代から30代にかけて、
ずっと妊娠していた


ということです。



***



妊娠期間と

授乳期間には

生理がありませんから、

 

それを考えると、


昔の女性は、

生理(月経)の回数が
圧倒的に少なかった


ということになります。


***


…逆に言うと、

現在平均出産人数が

1.44人になっている 
現代女性は、



過去人類が体験したことの

ないくらいに

生理回数の多い時代


生きていると言えるのです。



生理の数の多さで、

生理痛も多くなるのです。



生理の数の多さで、

生理前後の不調も、

多くなるのです。


***


そしてまた、


男性が

男性の直線的リズム
つくってしまった職場に、


女性が
女性の曲線的リズムで働く

ことによって起こるカラダの無理を、


誰も、語ろうとしないまま、



女性が職場で

何らかの形で

自分のリズムを抑圧している現状…。


***


かくして現代女性は、

いつもどこかカラダの不調を抱えて

生活していかざるを得なくなって

しまっているのです。


 
現代女性のカラダの不調は、


いまや、現代女性の生き方と

切っても切れない社会の課題となっていますから、


一人で抱えているのは、もはや限界。



…といって、


日常の生活空間ではあまりに
人間関係が複雑すぎて

悩みをオープンにできない…。


そんな方にぜひ参加してほしい。

       ↓


産婦人科医、吉野一枝先生は、



ドクターであり、一方で、臨床心理士。

普通のDrにはない幅広い交友関係と視野をお持ちで、

がゆえに、解決策もミラクルにあふれ出してきます。


カラダの不調のみならず、

セックスレス、不妊、デリケートな症状、

パートナーシップなどでお悩みの方、

あなたが健康に

これからも

自分らしく働いていくために・・・


この日、大いに解決のヒントを吸収してください。



会場の皆様からのコーディネートは

わたくし、おのころ心平がつとめさせて頂きます!



8月11日(祝)山の日、未来患者学。


 


     ↓


エントリーが、見やすい選択方式となりました。
 

  

 8月11日(祝)山の日開催、MMA未来患者学

 



おのころ心平さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース