日本初の、心理職系国家資格がいよいよ登場! | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。


テーマ:

おのころ心平です。


2ヶ月後の9月9日、重用の節句に、

心理職では初の国家資格職が誕生します。


その名も、

公認心理師。





2015年9月の第189回通常国会で、
法案が可決し、


2017年9月15日に公認心理師法が

施行されました。


そして、いよいよ2018年9月9日に

第1回公認心理師試験が実施され、

「公認心理師」が登場するのです。



***


ながらく心理カウンセラー、

心理セラピスト系の心理職には

国家資格が存在しませんでした。


これまでの代表的な資格と言えば、


財団法人

日本臨床心理士資格認定協会発行の

臨床心理士


社団法人

日本産業カウンセラー協会発行の

産業カウンセラー


日本カウンセリング学会認定の

認定カウンセラー


が3大資格だったでしょうか。


それぞれ

財団法人、社団法人、学会といった

公的に近い機関が発行している資格で、


指定大学、大学院卒業や

実務経験が問われたりと

資格が発行されるまで

かなりの勉強と、パスしなければならない

試験や課題がたくさんあります。


***


しかし、これらは公的に近いとはいえ、

民間資格です。


ここへ、どどーんと、

公認心理士。



臨床心理士推進系の団体と

精神科七者懇談会との対立という

紆余曲折も経て、


2005年から続いた

心理系国家資格への

決着がついた形です。


この国家資格を核に、

いまある民間系心理資格に

どのような変化が起こるのか、


臨床心理士と

公認心理士の棲み分けは?


この辺について、

政治、学会、役所、病院など

あらゆる視点で事情通なのが、


8月11日(祝)未来患者学、

メインホールにもご登壇頂く、

保坂隆先生なのです。




保坂先生には、リエゾン患者学と題しまして、


公認心理士誕生以後の、

リエゾン=連携医療の未来についても

大いに語って頂こうと思っております。



リエゾンとは、




カウンセラー、心理系セラピストに従事されている方、

それに興味を持っている方には必見です!


 


保坂隆先生、ご登壇、リエゾン患者学!!


エントリーが、見やすい選択方式となりました。



 

 

 8月11日(祝)山の日開催、MMA未来患者学


 



おのころ心平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース