「治すのは自分じゃい!」という根底のコミット。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。


テーマ:

おはようございます。

おのころ心平です。



この方、


 


川嶋朗(かわしまあきら)先生。


川嶋先生のベストセラーがこちら。

       ↓


QOL(Quolity of Life)のために、

QOD(Quolity of Death)を考えよう、


という川嶋先生のかねてからの哲学が、

とてもわかりやすくまとまった本です。


名著です。


これが売れているというのは希望が持てます。


同じアスコムさんから僕も、

患者学の本を出させていただいていますが、


 

 

かたや、現代医学のど真ん中から、

統合医療を唱える川嶋先生、


かたや、医療の周辺で、

民間事業として日本の医療選択肢を

楽しくわくわくしたものにしようする

わたくし、おのころ心平。


振り返れば、20年来のお付き合いです。


初めて会ったのは

先生30代、僕も20代でした。


あれから時は流れて、


いよいよ統合医療の

新しい時代とステージに突入しました。


***


「治すのは自分じゃい!」


という根底のコミットがある人は、

自然治癒力のスイッチが作動しやすい・・・


こういう大事なことを

教えてくれたドクター、

川嶋朗先生。


あまりに真っ正直すぎて

権威にはあちこちぶつかりながら、


でも、患者のことをここまで

真剣に考えてくれるドクターに

僕は会ったことがありません。


昨年8月11日にやりました、

MMA未来患者学では、


オープンスペースでの診療風景ワーク

=本気の外来で、感動の嵐。

たくさんの涙を誘いました。


医療現場に感動を・・・。


今年は、その川嶋先生が、

医療の未来ヴィジョンを語ります!

    ↓


フィナーレ「医療の未来」
川嶋朗 Dr.、おのころ心平、福島正伸

         ↓


 

どれでも受けれて、参加費は、


 




おのころ心平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース