答えは、ひとつではない。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。


テーマ:

おはようございます。

おのころ心平です。



300年後の地球には、

もう病気はなくなっているでしょう…

        by バシャール


…え!?


 
そ、それは一体、どういうこと?


病気がこの世にある理由を問いつづけ、


24年のカウンセリング現場で

ひたすら病気の意味を考えつづけてきた

わたくし、おのころ心平にとって、


この言葉は、魔力的な響きをもって

ココロに突き刺さりました。



どういう過程でなくなっていくんだろう?


そのプロセスの中で、人類は、

カラダをどのように進化させていくんだろう?


そして、どのようにココロを成長させていくんだろう?


300年後にそれが実現されているなら、


現代を生きる私たちのカラダにも、もうすでに

なんらかの変化が起きはじめているに違いない。


それは一体なんだろう?


その概要がわかれば、もしかしたら

300年後と言わず、今生のうちに

それを実現できる人が出てくるかもしれない…。


***


ことの真意を確かめずにはいられなくなり、

まるでこの言葉に導かれるように、

アメリカは、LA(ロサンゼルス)へと飛び立ちました。


4泊6日の異次元の旅。


対談のお相手は、そう、

バシャール(BASHAR)。


300年後の病気のない世界、

そのビジョンを受け取りに…。

 


***


6月13日(水)

に発売となるおのころ心平最新刊は、


なんと300年後の未来人との対話。



あとがきに、こう記させていただきました。


***


普段は、お医者さん相手の対談や

学会でシンポジウムの司会を

務めさせていただくことが多いので、


今回のバシャールとの対談は、

まったく対極にあるワールドと言ってもいいほどでした。

まるで、北極から南極へ人事異動させられた気分です。


でも、今回の旅で大きな気づきがありました。


ああ、僕の役割は、

こういうところにこそあるんだな、と。


答えは、ひとつではない。



病気やつらいカラダの不調に悩む方々へ、

医学的、病理学的な解釈から、伝統医学的解釈、

あるいは、心理療法的、ヒーラー的、

スピリチュアル的解釈、

そして、今回のような地球外生命体的な解釈まで、


ありとあらゆる幅広い選択肢(つまり平行現実)を

提示することがお役目なんだな、と。


あなたの答えは、こうした複数ある選択肢の中から、

あなた自身が選んだ瞬間、あなたの答えになるのです。

 

 

バシャールの言う「並行現実」は、異次元ばかりでなく、

私たちの毎日の生活の中に埋め込まれていたのでした。


+++++


発売日の翌日、6月14日(木)は新月ですが、

ものごとのスタートにちょうどよいタイミングで、


 

 

大阪駅直結のルクア9Fの蔦屋書店さんにて、

お仕事がえり時間帯の19:00~21:00、


「バウンダリー」トークセミナー(1500円)


こんなことがわかります。
☑あなたはどのくらい感情感染を受けやすいか?
☑バウンダリー・オーバーとはいったい何か?
☑悲しみ感染タイプ? イライラ感染タイプ? 不安感染タイプ?
☑バウンダリー・オーバーを防ぐための口ぐせ・しぐさ
☑心地よい人間関係とは? など


           &            

    


4月11日発売、最速5刷の『バウンダリー』と、6月13日発売、『病気の秘密』の


のサイン会を行ないまーす。


こちらが詳細・お申し込みページ

     ↓

大阪、蔦屋書店

エントリーサイト。


発売ほかほかの最新刊&サイン、ぜひ手に入れてくださいねー。


 

おのころ心平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース