今日は、変化・変容・神秘の種=「芒種(ぼうしゅ)」。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。


テーマ:
おのころ心平です。

今日は、まだ眠っているころの

AM2:29に黄経75度を迎えました。


これは、二十四節気の

芒種(ぼうしゅ)に当たります。




(夏至の一個前ですね)


芒種とは、

こよみの辞典によれば、


芒(のぎ)のある穀物や

稲や麦など穂の出る穀物の

種をまく季節。


梅の実が青から黄色に変わり、

百舌が鳴き始め、

かまきりや蛍が現れ始める頃でもあります。



・・・とあります。


ああ、蛍の季節なんですね!



***


ところで、という字は、


芒種以外にお目にかかるとすれば、


五芒星六芒星でしょうか。


五芒星とは、星型のことですね。



ソロモンの星を表す五芒星、


陰陽道では、

安倍晴明の桔梗紋として使われ、

クリスマスツリーの上にある、星は、

イエス誕生を告げた

ベツレヘムの星を表しているそうです。



***

一方、六芒星とは、

6つの角をもつ

パワフルで神秘的な紋章。



ダビデの星として、

イスラエルの国旗にも使われています。



***


僕は、この芒という字に、

神秘的要素を感じ、


芒種とは、


そうした神秘的変容の種

がまかれる季節、と強引な解釈をしております。


黄経75度、というのも、

 

6月6日、

6をはさむ数字というのが面白いですが、


7にも、

5にも、


変容という意味が含まれています。


75は、数秘的に言えば、


「その変化、よし!」


という意味だそうです。


夏に向けて、

変化・変容の盛んな季節。


今夜は、あなたの中の

変化・変容の種をまくイメージとともに

眠りましょう。



新しい医療と患者の関係の種。

       ↓

8月11日(祝、山の日)開催、
 
詳しくは、

MMA未来患者学2018

おのころ心平さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース