共感力と、アレルギー疾患・慢性疲労と。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。


テーマ:

おはようございます。

おのころ心平です。


今日は、特定の食べものを食べると

湿疹が出てしまったりするアレルギー疾患や、


非常に疲れているのに

寝ても疲労がとれないという慢性疲労の症状に

ついて考えて見ます。


近年、この2つの原因として、

「アドレナル・ファティーグ」という言葉が

言われるようになりました。


日本語にすると「副腎疲労」。

これをテーマにした本などもたくさん出ています。

副腎というのは腎臓の上に乗っている

重さにして5グラム前後の器官で、
ストレスに対抗するホルモンを出してくれる場所です。





カラダに炎症が起きると、

抗炎症作用が働きますが、

そのときに分泌される

天然のステロイドホルモン

副腎から出る副腎皮質ホルモンです。


ところが、副腎が疲れていると、

なかなか炎症が収まらず、

アレルギー症状がずっと続いたり、

炎症が慢性的に生じて

疲労感がとれないということが

起こってしまいます。


***


また、ステロイドホルモンには

副腎皮質ホルモンのほかに

女性ホルモンや男性ホルモンといった

性ホルモンもあって、密接に関係していますので、



女性の場合、副腎の疲れは

PMS(月経前症候群)などにも影響してきます。

月経の前に身体がしんどくなるという症状ですね。


あるいは、卵巣や子宮に

炎症が起こりやすいといった不調。


もちろんこうした症状は、

医学的、生理学的、病理学的な原因を

きちんとチェックしていかなければいけませんが、


ここでは感受性という側面から見たときに、

何が言えるかということをお伝えしていきたいと思います。


***


これらの症状は、

僕は「感情感受性」

のなせる業と捉えています。


カウンセリングをしていても、

こうした身体症状を訴える人は、

他人の感情を自分の内側に取り込む能力に

長けているケースが多いのです。


つまり、共感能力が高い人ほど、

副腎や下半身、とくに骨盤にストレスを

溜めやすいと言えます。


共感能力が高いというのは、

いい意味もあるいっぽうで、

他人に影響されやすいということでもあります。



こうした感受性をそのままにしておくと、
他人の感情がカラダに溜まったままになってしまい、

先ほど言ったような

身体症状へと変換されてしまうのです。


カラダとココロは、つながっている・・・。

       ↓

       


おかげさまで、

大阪会場満席御礼!

ありがとうございます。現在キャンセル待ちです。


東京会場は、

 

●金曜日コース、残席わずか。

 

●土曜日コース、残席わずか。



※早期割引は今月末31日までです!



●金曜日コース6回の講座のうち、

土曜日への振り替えは1回まで可能。


●同じく土曜日コースの方で、

金曜日への振り替えも1回まで可能。 


  


“おのころ流”カラダ考察学パーフェクト・マスター講座      


 

おのころ心平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース