バウンダリー・オーバー…「うーむ、でもおかしいでしょ。」という感覚。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。


テーマ:

おはようございます。

おのころ心平です。


ただいま実施中!

       ↓

 

「Amazonキャンペーン再起動」

受付中につき、


今週はバウンダリー・オーバーの

ケーススタディをお送りしております。



***


 

郊外に住むお隣同士。


隣人は老紳士と言いましょうか、

いつも庭をきれいにする人でした。


こちらは夫婦で共働きなので、

なかなか庭の手入れができません。

ある日、自分と夫が帰宅すると、

なんと、庭がきれいになっています。


びっくりして、誰がやったのか

と考えていたら、


ひょっこりあちらの庭から

顔を出した隣の老紳士が、


「あ、ついでだからやっときました」


と言うではありませんか。


…。


さて、あなたなら、

この状況をどう感じるでしょう。


もちろん

その方と親密な関係だったなら、


「ありがとうございます、助かります」


と言って菓子折のひとつでも

包むかもしれません。


善意でしてくれたことなので、

文句のつけようもない話ですが、


でも、


郊外の一軒家に

住んでいるわけですから、


あまり親しくしている

わけでもなければ、


自分たちの生活は

自分たちの判断でやりたい


という思いでいるはずです。


***


それなのに断りもなしに、

庭の芝を刈られたとしたら。


「え、それは先に

言ってもらわないと……」


という気分になるでしょう。



しかし、老紳士にしてみれば、

ずっと草はぼうぼうだし、


自分の庭の手入れのついでに、

時間もあるから

お隣のもやってあげよう


という好意です。

 





しかしこれは

厳しい言い方ですが、


悪気がなくても、

厳密には不法侵入です。


***


これが

バウンダリー・オーバーの

典型的な例です。


老紳士としては、

隣の草刈りをしたところで

得するわけではないし、


やったほうがいいと思ったから

入ったんだ、


という話でしょうが、


隣の夫婦にしてみれば、

やはり不快ですね。



***


このケースは

極端な例ではあるので、

実際にお目にかかることは

滅多にないでしょう。


でも、程度の差こそあれ、

似たようなシチュエーションには

あなたも遭遇しているかもしれません。



相手は「善意」の名のもとに、

一歩を踏み込んで来ますので、

なかなか嫌とは言えず、



「でも、やっぱりおかしい」



と気づいた時には、

自分の領域にずいぶんと

踏み込まれてしまっている……。


だからここは、

やはりある段階で、


「それは違います」なり、

「それはダメです」と


意思表示をしなければ

ならないわけです。

 

では、どんな方法があるのでしょう…

      ↓

      


動画で理解が深まる特典キャンペーン受付中です!

                  ↓

 

Amazonキャンペーン再起動ページへ


おのころ心平さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み