インフルエンザの気持ち。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。


テーマ:

おはようございます。

おのころ心平です。


インフルエンザのニュースが

連呼されています。


以前にも、

お送りしたことがあるのですが、


感染へのココロの予防としまして

改めて、インフルエンザの気持ち、

再掲したいと思います。


***


わたし、インフルエンザです。


四季のある日本では、

毎年早秋に流行が始まり、
冬季にピークを迎え、

晩春には終息するのが一般的です。

みなさんは「パンデミック」

という言葉をご存知ですか?

限られた期間にある感染症が、

「世界的に大流行」することを、

パンデミックと言います。

「感染爆発」という意味ですね。


これに対して感染症が一部地域で、

あるいは散発的に流行することを

「エピデミック」と言います。

歴史的なパンデミックとしては、


14世紀にヨーロッパで流行した

黒死病(ペスト)、

19世紀から20世紀にかけて

地域を変えながら
7回の大流行を起こしたコレラ、


が有名です。

わたしインフルエンザの

パンデミックも、


1918年の

スペインインフルエンザ、

1957年の

アジアインフルエンザ、

1968年の

香港インフルエンザ、

1977年の

ソ連インフルエンザなどがあり、


たとえば

スペインインフルエンザでは
世界で約4,000万人、

日本では約39万人の
死者を出したと言われています。


***


ところで、なんで、

毎年わたしは登場するのか…、


はしかとか、

風疹とかなら

ワクチンを1回うったら、
ほぼ一生かからない

と言われるのに、

わたしの場合、

ワクチンを毎年うつのはなぜか。

それは、わたしがもつ

HA、NAという2種類の
表面の突起(たんぱく質)がありますが、

この抗原性を

よく変えてしまうからなんです。

みなさんのカラダの免疫細胞さんたちが
「抗体」をつくるためにサインとなる突起を
毎年変えてしまうわけですから、


わたしは、

免疫パトロールをかいくぐる術を

心得ているというわけですね。

でもまあ、

そうまでしてみなさんのカラダに
お伺いするのには、

ちゃんとした理由があるんです。


***


わたしの目的は、

1.みなさんのカラダの血液循環を促進すること、

2.沈着した金属毒素の排泄を促し、
  ミネラルバランスを整えること

3.熱の発散

の3つです。


筋肉をあまり動かさず、
感覚神経系が鈍化している方は

要注意ですよ。

逆に言うと、


1.よくカラダを動かし、

2.血液循環がしっかりしていて
3.金属毒素の排泄がうまくいっている


カラダには、

わたしは侵入しにくいということです。

そして、わたしが特に

ターゲットにしているのは、
金属毒素の中でも「」です。

鉛は、道をあるいていても

ガソリンに含まれていますし、
古い水道管には鉛が使われている

ケースが多いです。
髪の毛を染めるヘアダイにも含まれます。

鉛に限らず、重金属の毒素は

ふつうに生活していてもカラダに

蓄積していきますので、

なかなか防ぎようがありません。


***



…で、

なぜ、そんなものを狙うのかって?

基本的に、こう考えてくださいね。

わたしたちウイルスは、

あなたがたのカラダの反応に
「引き寄せられて」浸入します。


特にわたしは「高熱」を発しますから、
カラダに溜まった金属毒素なんかを
燃やしてしまうのに最適なんですね。

カラダとしては、機能を高めたり、

より健康になるために、
溜まった毒素を何とか排泄したい。


でも、重金属なんかは一度溜まると

なかなか排泄されないんです。

そうするとミネラルバランスが崩れて、
ミネラルイオンなどによって調節されている
体液の流れに不具合が生じます。

この状況を何とかするために、


カラダはわざわざ、われわれ

ウイルスを招き入れてまで
「炎症」を起こそうとするんですよ。


尿、便などの一次排泄で足らない分を、
熱とか下痢とか湿疹とかを使って、
二次排泄しようとするんですね。


***


鉛がカラダにたまってしまうと、
神経組織に異常をきたします。
感覚が鈍化してしまうんです。


さらにそれが運動神経に

影響をおよぼすと
筋肉の衰弱を起こします。

また自律神経に至ると、

腸の働きに異常が出ます。


鉛はさらに動脈にも

たまりやすいですから、
肥厚して動脈硬化の

要因ともなります。


***

そして、

こうした鉛をためてしまう背景には、


「憂鬱」、
「メランコリック(せつない)」、
「無気力」


という心理的な

感情蓄積という背景があるんです。

これらの感情と鉛がドッキングすると、
カラダの不完全燃焼、
くすぶる体内熱の増加を

起こすんです。


カラダにとってはよくないですね、

この状況は。

…というわけで、

わたしが呼ばれてしまう

わけなんですよ。

つまり、わたしは

カラダの要望にお応えして
お手伝いをしているだけなのです。


***

しかしね、

わたしが流行してしまうと、

不本意なことに、

もっとも感染しやすいのは
5歳~9歳までの

お子さんのカラダです。

そして、わたしによって
症状が悪化し、致命までいくのは
新生児と高齢者が圧倒的なのです。


全死者数のうち75%を
新生児と高齢者の方々で占めます。

弱者に感染するのは…、

…心が痛みます。


***


お昼にも引き続き、

わたしが登場します。

わたくしが感染してしまっても、
なんとかその症状を
最小限にとどめるヒントを

お届けできれば、
と考えております。


***

1月24日23:59までのツキヨミジャーナル購読登録者には、




おのころ心平50分動画、
「女性のカラダとツキヨミ師」をプレゼント!


あなたのご登録、お待ちしています。

      ↓

ツキヨミジャーナル・リニューアルサイトへ




ツキヨミジャーナルとは、

おのころ心平が毎月お送りする、

月とカラダのリズムを読み解く音声プログラムです。


おのころ心平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース