おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。





おのころ心平です。


とうとうアメリカでも、

ワクチン義務化の方向へ。

    ↓


米メディアによると、


バイデン米大統領は

連邦政府機関の職員全員を対象に

ワクチン接種または定期的なウイルス

検査を義務付ける方針を決めた。

29日に正式発表する見通しだ。


米国ではデルタ株の拡大で、

27日の新規感染者(7日間平均)が

約6万3千人と1カ月前の約1万2千人

から急増。


このため26日には退役軍人省が

同省で働く医療関係者を対象に、

連邦政府機関で初めてワクチン接種を

義務化すると発表していた。


***


それなのに、こちら。

    ↓

全てのウイルスは感染宿主の中で複製され、

時間とともに変化する。


つまり、数えきれないほどのバージョンの

新型コロナウイルスが広まっていて、

それぞれがわずかな遺伝情報の違いによって

分かれている。


その多くは公衆衛生上、ほとんど影響はないものの、

感染が広がれば、新しい危険な変異株が

生まれるチャンスも高まる。


今のところ、昨冬インドで最初に確認された

デルタ株以上に懸念される新型コロナウイルスの

変異株は見つかっていない。


世界保健機関(WHO)は6月、デルタ株をこれまでで

「一番強い」変異株だと呼んだ。


新たな研究は1回のワクチン接種では

デルタ株に対して、他の変異株と同じような

効果が得られないと示唆している。


イングランド公衆衛生庁(PHE)の分析では、

ファイザー製のワクチンを2回接種した場合、

デルタ株に対して88%の有効性があるものの、

1回接種した場合の有効性は33%だ。


もともとのウイルス株に対して、

その有効性は2回接種で95%、

1回接種で52%だった。



***


せっかくリスクを背負って、

ワクチンを打っても、

どんどん生じる変異株の出現に

よって、元の木阿弥・・・


なんかもっと、

本質的な知恵というものは

ないものでしょうか・・・。



先生方に聞いてみます!

     ↓


ゲストスピーカー14名

帯津良一先生、対馬ルリ子先生、永田良一先生、天外伺朗先生、

明橋大二先生、関口由紀先生、小野陽子先生、池田裕美枝先生、

三浦直樹先生、西村靖子先生、降矢英成先生、山本竜隆先生、

黒丸尊治先生、医療ジャーナリストの増田美加さん


  


4,700名突破!です。





無料開催、視聴権ゲットのエントリーはこちらから。


          ▼


 

おのころ心平です。

 

昨年7月に開催した、こちらのトークイベント。

      ↓

 

 

大爆笑中。

  ↓

 

おのころ心平、

川嶋朗先生、

福島正伸先生(クマ)コラボセミナー、

 

コロナ時代を生き抜く「本質革命」。


講演終了時には、

やましたひでこさんからお花が届き、

舞台にて受け取りました。

 

 

***

 

おのころ心平、講演。

 

福島正伸先生、講演。

福島正伸先生は、

超有名なカリスマ経営コンサルタントなのですが、

顔出しはせず、クマをかぶって登場。

 

「夏は、やっぱり暑いということに、

気づいてしまいましたー」と。

 

お話も熱かったので、マスクの中は、

だいぶヒートアップしたのではないかと心配。

まさに、命がけの講演でした!

 

熱いと言えば、

日本でもっとも熱いドクター、川嶋朗先生の講演。


コロナの怖がる部分と

怖がらなくて全然いい部分とが

はっきりと腑に落ちる講演でした。

 

***

 

ココロが通じ合う者同士の

コラボなのでなおさらだと思いますが、

昨年、素敵な素敵な時空間を

生み出すことができました。

 

さあ、今年、ファイナルです!!

 

福島先生、川嶋先生、

会場パネリスト&大とりのスピーカー

として登場です!!

              ▼

福島正伸先生、川嶋朗先生、断捨離のやましたひでこさん、おのころ心平

 

受付終了まであと3日!

                 ↓

 

ファイナルにつき、

 

 

 

 

おのころ心平です。

 

朝の記事からの続きです。

 

 

   ↓

 

福島先生がクライアントとして来られて、

 

僕の方でできるセラピーを施しつつ、

何人かの統合医療ドクターを紹介し、

 

そのときにご紹介させてもらった一人が

川嶋朗先生でした。

 

 

当時、東京女子医大付属の

自然療法クリニックの院長を

務めておられた川嶋先生は、

 

超多忙なスケジュールの

渦中にあったのですが、

 

僕は、川嶋先生とは、

当時も20年来の

おつきあいもあったので、

 

福島先生との面談を

やりくりして下さいました。

 

3ヶ月待ちの患者さんたちの

順番ぬかしは申し訳ないから

ということで、

 

お昼休みに、

いっしょに昼食をとるという形で

ご相談に乗ってもらいました。

 

川嶋先生は、開口一番、

 

「福島先生、あなたは、治りますよ」

 

と。

 

おーー、診察もなしに!

 

「まあ、医者というより、

僕自身の直感でね。

あなたは治ります!」

 

なんでしょうね、

根拠やエビデンスなぞ、

なんのその!

 

あ、お断りしておきますが、

川嶋先生は、西洋医学ドクターとしても

超一流の実績を残しており、

 

エビデンスを軽んじるドクターでは

決してないんです。

 

でも、時と場合によるんですね、

 

この患者には!

と直感したときには、

 

エビデンスを超えた言葉で、

患者に「勇気」という治療をするのです。


 

***


 

このご縁から、

福島先生が見事、

がんから生還されて以降も、

関係は続き、

 

3人で発起人となって

MMAメンタリングメディスンアソシエーションという

任意団体を立ち上げることになりました。

 

そして、いま、

コロナ禍を経験し、

 

「患者学」という枠組みを超えて、

私たちのココロの自然治癒力を

発動させる時がやってきました。

 

僕ら3人が、

提唱してきた自分革命。

ココロの中の本質革命。

 

8月8日、

「勇気」という大きなパワーを

もらって下さい。

 

福島先生、川嶋先生、

会場パネリスト&大とりのスピーカーとして登場です!!

 

福島正伸先生、川嶋朗先生、断捨離のやましたひでこさん、おのころ心平

 

受付終了まであと3日!

                 ↓

 

ファイナルにつき、