5191:針の筵、地獄の業火 | 温故痴人のブログ

温故痴人のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

今朝は、

起きられませんでした。

 

浮気相手の

自宅の合鍵を使って、

朝までマッサージで

「男女の関係はありません」

涙の謝罪会見をした

あの「藤吉久美子」

この正月、

太川陽介の京都の実家まで

里帰りしたそうです。

 

 

 

そこに、

両親以外に親戚も

集まったのかどうかは

書かれていませんでしたが、

不倫騒動の後に

帰省した実家でどんな顔をして

過ごしたのでしょうか?

 

 

つい、

想像してしまいます。

 

自業自得ですが、

太川陽介の

妻への制裁のような気がします。

 

 

何も、

そのことには触れられなくとも

誰もが、

ニュースで経過は知っています。

 

両親の視線が

レーザー光線のように

体も心も焼き尽くしたことは

想像できます。

 

軽はずみな

行動の結果です。

 

この先、

子供たちの母親に対する

心の置き所が心配です。

 

我家であれば、

妄想でも監視付きです。

 

もし、「紅茶の君」

二人っきりでお茶などすれば、

地獄の業火に焼き尽くされることでしょう。

 

「対岸の火事」ではなく

「反面教師」です。

 

ま~ボヤを

起こすだけの

勇気も体力もありませんけど・・・・・。

 

 

2018.01.05 NO:5191

 

温故痴人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス