ヒグマ対花形 麗

テーマ:

私は、30年程前からクレー射撃と狩猟をしている。

 

 

クレー射撃は散弾銃で、狩猟はライフル銃を使っている。

 

 

千葉県は、狩猟にライフル銃を使えない為、北海道に毎年12月にヒグマを撃ちに行っている。

 

 

愛用の銃は、サコーの338マグナム口径のライフルである。

 

 

日本の法律では、この一つ上の口径のライフルまで所持出来るが、弾が手に入らないので実質私の所持している銃が、

 

 

一番威力のある銃である。

 

 

 

3メートルのヒグマでも1発で仕留められる。

 

 

5年ほど前の事である。

 

 

例年の如く、12月に北海道の旭川に行った。

 

 

ガイドの人を頼んで車で居そうな所を探していたら、ガイドの方がここがいいと車を止めた。

 

 

私は、一人で谷を下りヒグマの足跡を頼りに探す事、半日。

 

 

とうとう見つけた。

 

 

ヒグマの方も、私に気が付いた。

 

 

ライフル銃を使えば、楽に仕留められるが、その時私の中にある「もののふ」の血が騒いだ。

 

 

対等な条件で戦いたくなった。

 

 

そこで、私はライフル銃と腰に付けていた狩猟用のナイフを草むらに放り投げた。

 

 

普通に考えれば、自殺行為である。

 

 

3m、500㎏もある野生のヒグマに素手で戦う馬鹿はいない。

 

 

以前、極真空手のウィリー・ウィリアムスが薬かなんかで弱らせた小さいクマと戦った事があったが、それとは訳が違う。

 

 

狂暴な野生のヒグマである。

 

 

その時である、ヒグマが私目がけて突進して来た。

 

 

さすがの私も、四つ足状態では勝負にならないので、突進して来たヒグマを紙一重でかわし立ち上がった時にヒグマの懐に飛び込んで

 

行った。

 

 

そうしたら、ヒグマが私の顔を目がけて左の前足を振りかざして来た。

 

 

当たれば、顔がもげてしまう。

 

 

ヒグマの左フックを右にスウェーしてかわし、私の必殺の右フックをヒグマの顔面に叩き込んだ。

 

 

ヒグマが「ウォー」と呻き、前のめりで倒れた。

 

 

死んだようだ。

 

 

しかし、私の右の拳や手首に今まで味わった事の無い激痛が走った。

 

 

さすがは、巨大ヒグマである。敵ながら、あっぱれである。

 

 

命がけの戦いが終われば、相手に最大の敬意を払うのが「もののふ」というものである。

 

 

そして私は、花形麗のシンボルである胸のポケットに挿していた赤い薔薇を、ヒグマの上に置いた。

 

 

 

花形「また、吹雪いてきやがった。」

 

 

   「じゃあなぁ。」

 

 

 

 

 

 

 

 
花形麗
 
 

 

 

※正室募集(本当に、本気です。お願いします・・・・・💐)

 

もう、寂しくて一人では、生きていけないので、一緒に生きていってくれる方を募集します。

 

新垣結衣、深田恭子、本田翼、石田ゆり子、原田知世 、本仮屋ユイカ、木村多江、多部未華子、波留、有村架純、長谷川京子、内田有紀

 

篠原涼子、竹内結子、永野芽郁、渡辺麻友、堀北真希、土屋太鳳、藤本美貴、石原さとみ、川口春奈、吉高由里子、長澤まさみ、蒼井優

 

井川遥、星野真里、ミムラ、鈴木京香、夏川結衣、奥貫薫、松たか子、八木亜希子、戸田恵梨香、本庄まなみ、松嶋菜々子、

 

植木理恵(心理学者)、綾瀬はるか、桐谷美玲、小雪、吉岡里帆、相武紗季、潮田玲子、蛯原友里、ソフィー・マルソー、メグ・ライアン、

 

キャメロン・ディアス、ミランダ・カー本人、

 

または、似ていると自信のある方の応募をお待ちしております。

 

それ以外の方でも、私こそが正室にふさわしいという方の応募も受け付けています。

 

今なら、約2億8千万円の借金(延滞利息で増えてしまった。)も、もれなく憑いてきます!

 

こんなチャンスは、二度と無い。

 

勇気を出して、私の胸に飛び込んで来なさい!

 

 

subenokami@yahoo.co.jp

 

 

※レンタル上様

 

https://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventryupdateinput.do?id=12330659677

 

 

 

※ヤフオク出品リスト

 

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/subenokami