ONLY ORIS|オリスの店主、立花です。

 

今回は以外に知らない『腕時計の各部名称』をお伝えします。

 

普段聞きなれない専門用語ばかりなので知らない方は多いのではないでしょうか?

 

その為、オリス腕時計の各部名称を詳しく知っていると、周りからは「時計通だな」「時計好きなんだな」と一目置かれます。笑

 

それでは画像をご覧ください。

 

 

 

 

まずは腕時計を腕に装着する部分の事を①ベルトやブレスレットと呼びます。

種類は様々で、金属製のものをブレスレットと呼び、皮製やゴム製のものはベルトと呼ぶのが一般的です。

④ダイアルやムーブメント等が内蔵されている外装部品の事を②ケースと呼びます。

 

このケースはムーブメント等を外部のチリや埃、ゴミ等から守るだけでなく、衝撃を保護する役割を持っています。

 

腕時計の③時針や分針、秒針等の時刻や時間の経過を指し示す物は針です。

時刻を表示するメモリや数字、マークが記されている箇所全体の事をダイアルや文字盤、フェイスと呼びます。

この箇所はまさに腕時計の顔となる部分で、エナメルが施されていたり、ダイヤが埋め込まれていたり、模様が掘り込まれていたりと、腕時計の個性が最も出る箇所です。

このダイアル上の時間や分を示すメモリや数字、マークの事を⑥インデックスと呼びます。

時計のダイアルを覆って、しっかりと保護している透明な部分は風防と呼ばれています。素材としてはガラスやプラスティックが多いですが、中にはサファイアガラスが使われているもの等もあり、素材は実に様々です。

 

風防外周の円状のパーツは⑤ベゼルと言います。二カ国の時刻表示や高い防水性を確保する為のものです。用途によっては、固定式や回転式、逆回転防止のものや、中にはメモリが施されているものも少なくありません。

 

時計の側面につけられていて、ゼンマイを巻き上げたり、日付や時刻合わせに使う小さな突起の事を⑦リュウズと言い、腕時計を使用しない時に、ベルトやブレスレットをケースに連結する為の接合部分の事を⑧ラグ、またはアタッチメントやホーンと言います。

そして腕時計のベルトやブレスレットを、腕にしっかりと固定する為の留め金部分の事は⑨バックルと呼ばれています。

 

⑩日付またはデイトで日付を確認することができます。

 

日付にプラスして曜日も表示されている時計はデイデイトと呼ばれております。

 

大体これだけ各部名称を知っていれば、周囲からは格好良く見られる事間違いありません。