【オニオンファイツ】

【オニオンファイツ】

創る!造る!増える!増える!

人工惑星「マカイゾ」Dr. 2ケッパナー研究ラボ

黒い廊下の奥・・

バネ状の右腕に力を込めて、今まさに必殺の「バネ式エルボー」を狙う2代目ドラねこマスクにブレインが話しかける



ブレイン「2代目ドラねこマスクがブレインを見事倒し、犯罪ピエロが提督を打ち破る!」

ブレイン「そして潜んでいるDr. 2ケッパナーを見つけ出し!N/G(ノーギャラクシー)の完全勝利!」

2ドラ「何言ってやがる?」

ブレイン「そうならないと先に言っておきます」

2代目ドラねこマスクが右腕を振り上げた!



瞬間!!

空間から巨大な黒い手が現れて、2代目ドラねこマスクを握り込んだ!!

ブレイン「2代目ドラねこマスクは僕を倒せない!ピエロは提督に負ける!」

ブレイン「更に言えば、3本腕は幽霊少女を捕まえられず!巨体のブルーマスクの意識は二度と戻らず!チビのメキシカンハットは爆弾解除に失敗する!」

ブレイン「そしてDr. 2ケッパナーは見つけられない・・永遠にね」

ブレイン「そうなるのは僕がそうなるように決めるからです!」

巨大な謎の手に握り潰されそうになりながら、2代目ドラねこマスクが言う

2ドラ「なんだと?・・意味がわからねぇ」

2ドラ「まるで神にでもなったような口ぶりだな?結果を全て決める権限があるとでも?」

ドゴンッ!

背後では、提督の前蹴りを食らったファンタスが大きく後方に飛ばされる



ブレイン「2代目ドラねこマスクよ!これは僕が創りキミが見た悪夢です!」

ブレイン「ちなみに後20秒でこの施設は跡形もなく爆風で消し飛ぶでしょう」

ブレイン「地上の施設はダミー、施設本館は地下にあります。父はそこに潜んでいる」

パチンッ!

ブレインが指を鳴らしたとたん、足元から溶けるように床に消えてた

同じように提督も消えた

直後、研究ラボ全体が激しく揺れる

研究ラボ2階では10機の爆弾を前に佇むタコスの姿があった

タコス「すまねぇ・・解除方法がわからんかったぜ」

研究ラボ1階西側では、ひび割れた壁にもたれたまま座り、意識のないナチョスがいた



研究ラボ正面入り口付近には、追ってきたエリザを完全に見失い、疲労困憊のTHEハードが



研究ラボ東側では、力なくヘタリ込む2代目ドラねこマスクと犯罪ピエロ ファンタスが

床下からブレインの声がする

ブレイン「あなた方にとって、何もかもが上手くいかない日、それがたまたま今日だったのですよ!」

ブレイン「さようなら。N/G(ノーギャラクシー)」

ドゴォォォォォォォォォォォォォォォォッン!

爆発と共にN/G(ノーギャラクシー)のメンバー全員を巻き込んでDr. 2ケッパナー研究ラボの地上部分は跡形もなく消えた



N/G全員死亡・・





一歩踏み込むアクションすら見せないまま、まるで瞬間移動の様にファンタスの眼前に移動した提督がボディブローを打ち込む!



ズドンッ!

腹部に被弾したファンタスが、上空に吹っ飛ばされて斜め後ろの天井に激突し、その後地面に落ちた



更に追い討ちをかけるように、提督がノーアクションのままフワリと上空に浮くと、倒れ込むファンタスの背中目掛けて、天井付近から勢いよく落下し、

両足で思いっきり踏みつけた(フットスタンプ)!!

ドスンッ!メキメキメキメキ・・・・

提督「ぬるい・・温いぞピエロよ!」

たがファンタスが微かに笑みを浮かべる

提督に背中を踏みつけられたままの状態の、ファンタスが自分の両掌を床に思いっきり打ち付け、体ごと勢い良く垂直に上昇した!

ドゴッ!

そのまま上昇してゆき、自らの背中に立つ提督を天井へとぶち当てるファンタス!

天井にクラッシュして乱れた髪型を整えながら、ヒラリと後方へ着地する提督!

着地の瞬間!提督の足元の床に亀裂が入った!

ファンタス「すご~い♪おも~い♪何キロあるのかな~?どうせその着てるものの重さだろうけどね!」

提督「黙れ!無礼者が!」

ズドンッ!

提督が再び間合いをつめると、再び強烈なボディブローをファンタスに見舞う

たが必殺の提督ボディブローを喰らって、宙を舞ったのは、ブレインの謎の技で体を大蛇に巻かれて身動きを封じられていた2代目ドラねこマスクだった



提督ボディブローの衝撃で、2ドラを苦しめていた大蛇が何事もなかったように消え、軽やかに着地する2代目ドラねこマスク

2ドラ「荒っぽいやり方だが、助かったぜファンタ(ファンタス)!」

2代目ドラねこマスクの横で満面の笑みを浮かべたファンタスが言う

ファンタス「N/G( ノーギャラクシー)の反撃のターンだよ♪キャハハハハハ♪」







N/G(ノーギャラクシー)THEハード達が、エリザと交戦中のちょうどその頃・・

人工惑星「マカイゾ」Dr. 2ケッパナー研究ラボ、フロア東側にて

長い・・否・・不自然に長すぎる、黒い壁に囲まれた、黒い廊下を歩き続ける2代目ドラねこマスクと犯罪ピエロ ファンタス

異常な状況に、いつしか二人は無言になり、精神的疲労も感じ始めていた

その時だった、2代目ドラネコマスクが遥か前方に人影を見つけたのは・・



2ドラ「おい!ファンタ(ファンタス)警戒しろ!現れやがった」

珍しく低いテンションでファンタスがこたえる

ファンタス「な~んか嫌な感じだね・・」



二人がその人物に近づくと、それは直立で二人に背を向けて立っていた

2代目ドラねこマスクがその背中に呼びかける

2ドラ「おまえの後頭部に俺のエルボーがロックオンした状態にある!喰らいたくなきゃゆっくり振り向きな!」

痩せた男は言われた通りゆっくりと振り向いた

スキンヘッドの頭の上には電球の様な物が光り、手足が長く細い・・



痩せた男はゆっくりと口を開く

痩せた男「先に一言言わせてもらいたい」

痩せた男「僕があなた方を導いたのです」

2ドラ「誰だおまえは?」

痩せた男「Dr. 2ケッパナーの息子、ブレインです」

男の口から放たれた、Dr. 2ケッパナーの名前に反応し、警戒を強める2代目ドラねこマスク

2ドラ「なら敵って認識でかまわないよな?俺から先制でいいかい?ブレインとやらよ」

大きな瞳で2代目ドラねこマスクを見つめながらブレインが言った

ブレイン「闘いなどしませんよ僕は。父によって数十年間、水槽に入れられていたのですから、格闘は愚か、運動機能は驚くほど弱い」

2ドラ「水槽?・・虐待ってヤツか?」

ファンタスが突然叫ぶ

ファンタス「ぎゃくた~い♪ぎゃくた~い♪しげき~てき~♪キャハハ♪」

ブレイン「それは少し違います。父は僕の力を怖れたため、半冬眠状態で水槽に封印したんだと思います」

2ドラ「いいね!力だと?見せてみろよ!」

ギャルルル・・

2代目ドラねこマスクのバネ状の右腕が展開し、弧を描いてブレインの顔面を襲う!

だが!突如2代目ドラねこマスクの自慢のバネ式エルボーがヌルヌルとした大蛇に変化し、2代目ドラねこマスク自身に巻き付いた!!

2ドラ「なんだと!?」

表情を一つも変えずブレインが言う

ブレイン「これが僕の能力の一つです。4つの脳で悪夢を完全に操る事が出来ます!」

自らの右手が変化した、大蛇に締め付けられながら2代目ドラねこマスクが言う

2ドラ「夢・・だと?この痛みは・・どう解釈しても現実だ・・ぜ」

ブレイン「廊下の途中から既にあなたは眠ってらっしゃるのですよ・・半睡眠状態・・脳だけが眠っています・・現実のダメージは半分くらいです」

ファンタスの方を向くブレイン

ブレイン「寝ても、起きても、夢を見ない哀れなピエロは僕の支配下におけないので代役を用意しています」

カツンッ!カツンッ!カツンッ!・・

長い廊下の更に奥から底の固い靴の音が響く

一人の黒服の男が近づいてきて言った

黒服の男「全く親子揃って人使いが荒い」

黒服の男「我輩は別任務でコップを買いに出掛ける途中だったというのにな」

ブレイン「わがままな父の頼みです。いつか必ず父を始末し、自由にして差し上げますよ提督」

提督「それも悪くはないな!とにかく我輩が、ピエロをなんとかしよう!」





2代目ドラねこマスク  VS  ブレイン

犯罪ピエロ ファンタス  VS  提督

開始!!