8時間勉強会

テーマ:
 
今日は朝から勉強会です。
 
8:00から17:00の8時間!
 

みんな頑張って来てやってますね。朝からずっと勉強なんて疲れますね。

仕事とは違って割と単調で動きがないですからね。

 

なので、定期的に一人ずつ読んで、先生のところに来てもらって進捗チェックや内容チェックをするようにしています。

 

少しの移動ですが、体を動かすことで気分転換になり、集中力も続きやすくなります。

 

また、休憩時間にはしっかり休憩しましょう。メリハリって単純に大事ですが、勉強に関して言えば常にインプット・アウトプットをずっとやり続けても定着しなければ意味がありません。集中力も切れれば、「座ってる時間は長いのに、たいして進んでない」ってことに・・・

 

集中力のコントロールが大切です。集中して短時間でできるだけ多くのことを解いたり覚えたりできるようにメリハリをつけてもらいたいですね。

 

ペンギンさんは画になるねぇ

別にペンギンがとりわけ好きなわけではないですが、カメラを持ってると意外に写真を撮ってしまったりという経験が皆さんにもありますよね!?(ないか)

 

バランスが難しいですが、上の写真では、斜めに陸部分があり、

右上が陸

左下が水

という配置になっています。

 

その境目が斜めなので、セオリー通り、対角線上に来るように基本的には配置する。

あと気を付けるなら、

陸:水=1:1

にならないようにする、ということでしょうか。

 

あんまり詳しく知りませんが、2:1の比になるように撮るとメリハリのある構図になるおもいます。

 

基本的に2:1。どっちがどっちの比でも大丈夫だと思います。

 

 

桜は剪定されていないのが好き

これは2:1とかではないですけど、ええ写真やなと自分でも思ったので。

これはあえて桜を真ん中にしています。やっぱり目が行く手前の桜に、アクセントとして人が後ろに移っています。

 

花見なんかに行くと人が結構いるわけですが、上のように木全体をとるんじゃなくて、一部を手前に配して、人が背景のボケた部分に来るようにすると、人も意外とアクセントに。

 

単純に顔は移るとちょっとね・・・

 

さらにこの写真は初期の明るさよりも少し明るめに設定してます。

そうすると柔らかい印象の写真になるので、花を取る時にはお勧め。

 

ただし、木漏れ日のように花の一部に日が当たっているようなときは、肉眼でもその明暗はくっきりしてますから、初期設定より暗くすると、影の部分と光の部分がくっきりするので、きれいに写真になると思います。

 

 

結局写真のことばっかり書いてしまいましたが、なんかこういう夢中になれるものって心に潤いを与えてくれますね。生徒たちにもそういうものを見つけてもらいたい(^_-)-☆

 

そして写真のアドバイスがあれば、どんどんください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妖気を感じる陽気な高校生によう効く勉強法はマーカーで用語を消してノートに解く1