今日はこの前の土曜日にやっとやっていただいた工事の話しです。

と、まずはポチっとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村

わが家は1階和室と2階ベランダ横の部屋にホスクリーンを2ヵ所設置しました。

洗濯は1階でして、干すのは2階ベランダが基本です。なので、急に雨が降ったとき用に2階に、一日雨のとき用に1階に設置した感じですね。

ところが・・・・

2階がこんな感じで、

一条工務店i-cube 新築への道のり-Image3221.jpg

タンスを置いたら使えない・・・
間取り打ち合わせ時に、タンスはここに置くと決めてあったので、掃き出し窓の大きさは気にしたんですが、天井は考えませんでした。
引越しして荷物を置いて初めて気付く大失敗です。
仕方なく、大工さんに追加設置してもらうように監督にお願いしてあったんですが、それがやっと来てくれたんです。
他の現場が忙しかったみたいですね。

作業はまず下地探しから始まります。

一条工務店i-cube 新築への道のり-Image3071.jpg

下地は補強してない限り、構造上等間隔にあるそうです。
なので、既に付いているホスクリーンから計算し、まず当たりをつけ、そこを手で触り確認。
どうも触ると波打っているのであらかた分かるようです。
まあプロだからなんでしょうけど。
そして下地チェッカーで最終確認。見事下地探索成功となります。
なお、下地チェッカーを何箇所もブスブス刺すのはあんまりオススメしません。いくら小さい穴でも、やっぱり結構目立ちますから。

で、下地が見つかればあとはネジで止めるだけ。
出来上がりは

一条工務店i-cube 新築への道のり-Image3231.jpg

こんな感じになりました~。

さて、2階はこれで終わりですが、実は1階和室にも1セット追加することに。

大工さんは一日いくらなので、1個つけようが何個つけようが手間賃は代わらないということなので。

和室もちょちょいのちょいのはずだったんですが、なかなか下地が見つかりません。

どうも、ロスガードのダクトの関係で、等間隔にあるはずのものがないと。
ただしどこかにはあるはずだと言って探し続けます。

1時間近く探してましたね。

でやっと見つけ、ネジをとめてみたのですが、なっなんと、あるはずの下地がないと。

2ヵ所ネジ止めするんですが、1ヵ所は下地があるのにもう1ヵ所はスカスカ。

どうもかなり微妙な配置で下地があるようで、ここは数cm2しかないのではないかという話しになりました。
そのため、

一条工務店i-cube 新築への道のり-Image3081.jpg

写真の真ん中の白いポチがネジ穴なんですが、補強して対応することに。
両ネジを補強対応では荷重に耐えられないけど、片方がちゃんと下地に入っていれば落下しないということでした。

ただ、あちこち穴を開けてしまったため、

一条工務店i-cube 新築への道のり-Image321.jpg

設置したホスクリーンから穴がはみ出して見えちゃってます。
写真では分かりづらいですが、生でみると結構目立つんですよね。まあ後で監督に直してもらおうかと思います。

で、和室は

一条工務店i-cube 新築への道のり-Image320.jpg

こんな感じでホスクリーンが追加されました~。

これからの花粉の時期や梅雨の時期は、大活躍しそうですね。
妻も大喜びです。

ちなみに大工さんに払った手間賃は8000円です。これが安いと見るか高いと見るかは人によって違うでしょうが、私的には頼んで良かったと思ってます。

だって、私がやったら下地が見つからず穴だけ開けておわりになりそうですもん。

しかし、こうやって考えると、何か取り付けそうな壁や天井は、補強計画をちゃんとしておけば良かったんですよね。
今となっては後の祭ですけど。

これからの方は、補強についてもよく検討してみてください。お金はかかりますが、あって損はないでしょうから。

キッチンの工事もあるんですが、長くなったので今回はこの辺にしときますです。