Museum of Scotland (その1) | 真青を求めて

真青を求めて

 35歳学生...。島国の秘密、探しています。


テーマ:

《5日》

サッカーサッカーはおいといて(笑)、今日から数回にわたって、エジンバラでの博物館見学の感想を記します。

駅から歩いて約10分、Museum of Scotland Royal Museumは並んで(繋がって)ありました。

まずは Museum of Scotland から。

http://www.nms.ac.uk/scotland/home/index.asp

見学時間:約3時間

地下1階から地上3階まで、展示スペースがとにかく広かった!

以下、気づいた点&感想を列挙します。

【良かった点】

1.露出展示が多い → ものの質感とか雰囲気をより実感できる

m1

        ↑ こんな感じ ↑

    m2

        ギロチン! ひえ~ショック!

    m3

炭鉱のポンプ(水汲み上げ用) でかっ!えっ


2.閲覧順序なし → 自由気ままに見られる

※ 部屋の各所にその階の見取り図がある → 便利!


m4

3.ユニークな建築構造 → ちょっとした迷路みたい&探検しているみたいでおもしろいニコニコ

m5  mr


4.個々の展示室のスペースが広い → ゆったり見られる



5.各所に椅子が設置してある → いつでも休憩できる 


6.部屋の暗さが程よい → ものを見るのに集中できる


7.3次元空間を強く意識した展示 → 立体感があって飽きにくい  ※上記1&3と関連


8.展示品の量が多い → 多くのニーズに応えている&また来たいと思わせる(リピーターが増える)


9.各階が時代ごとになっており、各展示スペースはテーマ別になっている → 好みのテーマに沿って見学できる ※上記2と関連

mv

↑↑↑※自然史コーナーは、ビジュアル展示をフルに活用 →理解しやすい

10.ものに番号がふってあり、対照表(番号と名前&ちょと解説)が横についている → 比較的すっきりしていてものが見やすい

   m7  md

           m8

年代を文字ではなく、スケールで示している ↑↑↑ →わかりやすいし、他の展示品と比較できる


11.ものの展示&説明板の高さが大人の腰より下 → 子供車椅子の人も容易に見られる

※上の写真(10上)を参照


12.教育活動 →ちょうど小学生の課外授業があっていた。みんな興味津々。活発に質問していた。

mk

   ↑↑↑ おりこうさん達 ニコニコ


子供ってすげ~な~。教育って大事だな~。頑張らんとな~。

onigiri15さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス