初スマホ 初AIしてみた。

テーマ:

 AndroidスマホにGoogle アシスタント日本語版が登場

https://news.mynavi.jp/article/20170530-google/3

Googleアシスタント、古いAndroid 5.0に対応開始。 米国のタブレットでも利用可能に

http://japanese.engadget.com/2017/12/14/google-android-5-0/

 

 

20年間もガラケーだったけど、電池の製造が止まって、格安スマホに乗り換えた。

UQモバイルのぴったりプランS(月額1980円 60分通話無料)で契約し、

スマホ本体は、耐衝撃の 「京セラのDIGNO V」 を選んだ。

 

2年縛りだが、本体が実質無料で、キャンペーンで13000円分の商品券も貰えるから、

14ヶ月以降は月額2980円になるが、24ヶ月で実質月1900円くらいだ。

ガラケーで毎月2000円ほど払っていたから、ほぼ変わらない。

 

 

ポケモンGOは、興味深い位置情報ゲームだが、数日で飽きた。

驚いたのは、5/29に日本語に対応したスマホのAI:Googleアシスタントだ。

 

○○の本社へ行きたい」 と話せば、鉄道の乗り換え案内や、ナビまでしてくれる。

これまでは、パソコンで路線や場所を検索し、それをメモして出かけていたが、

今やそんな必要はない。

 

話せば検索出来るから、文字入力する必要がない。 

ちなみに、音声認識はかなり正確だ。

もし風邪気味なら 「近くの内科は?」 と聞けば良い。

8時半に起こして」 と言えば、アラームをかけてくれる。

 

 

遅ればせながら、AIは強力なキラーコンテンツであることを実感した。

アマゾンなどは5000人体制でAIを開発しており、研究者の奪い合いになっている。

今後は、アマゾン、アップル、グーグル、マイクロソフトの戦いになるだろう。

AD