久々の投稿です。

 

「ミュージカル テニスの王子様」〜新作「新テニスの王子様」の演出/振付を担当されている上島雪夫先生が、音芸生たちのためにオリジナルミュージカル台本を書き下ろしてくださり、そのリハーサル、上演を通じて演劇/ミュージカルのスタッフワークはもちろん、出演者の気持ちも含めて学ぶ実習の本番公演が、本日、音芸の「ライブスペースLive Q」で行われました。

 

こんなご時世なので、キャストはマスクをしての出演となりました。

それでもワイヤレスマイクの力も借りながら、元気にパフォーマンス!

上島先生のシュールな台本を思い切り演じて、場内の笑いや拍手を引き出していましたし、音響/照明/ステージ進行などの裏方スタッフも今日まで準備を重ねてきた成果を遺憾なく発揮しました。

 

 

終演後は、上島先生や、学内指導担当教員の杉浦先生、見上学校長、担任の溝淵先生からの講評を聞き...

 

 

最後は、撮影の時だけマスクを外して、上島先生と記念撮影!

 

その写真もお見せしたいところですが、

これはスタッフとキャストだけの宝物とさせていただきます❤️

 

 

ミュージカル&ステージスタッフ科の皆さん、お疲れ様でした!