学校長見上です。

 

日頃から音芸の生の姿を外部の方々に伝えるために協力していくれている、オープンキャンパス学生スタッフの皆さん。彼らが、よそ行きの飾った姿ではなく、いつも通りの自然体で来場者の方々をサポートしてくれることで、音芸のアットホームさが来場者の皆様に伝わっているものと確信し、いつも感謝しています。

 

そんな彼らの日頃の貢献に報いるため、ベテランインディーズバンド「健康」のニューアルバムのレコーディングスタッフを1年生のOC学生スタッフから募集したところ、4名の学スタたちが立候補してくれ、さらに噂を聞きつけた2年生が「オレも入れてください」と加わってくれて、合計5名のチームになりました。

 

 

まだ主にリズム録り(ドラムやベースなどのリズム楽器の録音)を、週に1、2回の割合で先行して進めているところですが、1年生スタッフたちは、大型ミキシングコンソールやProToolsのまだ授業で習っていない高度な操作やミュージシャンへの心配りを成功だけでなく失敗も含めてたくさん体験しながら急速に力をつけています。

 

 

昨夜のレコーディング終了後は、デザインセンス抜群の女子スタッフの一人が、「アルバムジャケットのデザイナーは決まっていないんですか?」と質問してきてくれました。「やってくれるの?」と聞くと、「えー、やっていいんですか?やりますやります!」と言うので即決!音の仕上がりだけでなく、ジャケットの仕上がりまでもが楽しみになってきました。

 

また追い追い、進捗状況をご報告したいと思います。